海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

車の運転



外国に来てこの20年、毎日車を運転している。
歩いて5分のところですら車で移動する社会。

比較対象になる都市は数少ないが、
それぞれの街の人たちの運転には、特徴がある気がする。

d0117077_19411524.jpg


NZで運転し慣れたわたしは、パースに来てビックリ。

「なにっ?この負けん気の強さは!?」

d0117077_19393456.jpg


例えばだ・・・・・
2車線道路で、わたしの後ろに後続車がない時でも
追い越し車線から来た車は、必ず、わたしの前に無理矢理

ぐいっ!!

強引に割り入る。


わたしは安全運転ダーリンに、

「オモリの付いた足でペダルを踏む女」

と言われている、F1スピード並に突っ走るのにだ!

パースっ子は、それでも絶対に入らないと気がすまない。
他人よりも自分が前。
で、他の車は入れない

田舎モノ根性丸出し炸裂っ!!


そんな中、高速道路の制限速度の半分くらいで走り、小渋滞をクリエイトする車あり。
d0117077_20522593.jpg

パースは公共の交通機関が整っていないので、老人の足も必然的に車だ。
ハンドルに顎を乗せた前傾姿勢で、身動きせず一点を見つめ運転しているグランパ&グランマたち。
それも息をしているのかが心配になるような年齢だ。
方向指示器を出してから車線変更するまで、1キロぐらいかかる。

パースでの運転は、障害物競走なのだ。

d0117077_1942186.jpg




オレ様運転をオークランド(NZ)でやると、ヒドイ目に遭いかねない。

一見ノホホーンとして見える南の島の移民たちは(サモアとかトンガとか・・・)
意外に短気な人が多い。
感情表現も豊かなので、カッとなったら怒りを全身で表現

「運転中は彼らに注意!横入り+クラクションはご法度」と、元警察官のダーリン。
この手の傷害事件は日常茶飯事だったそうだ。
しつこく家まで尾行されボコボコにやられる。
加害者は女性が多いそうだ。(注:みんな巨体、巨乳の範疇超えた椰子の実5個分サイズが美の象徴。髪に花を付けてても、鉄拳パンチは容赦しない)


メルボルンは、都会なのにとてもマナーが良かった。
d0117077_1943218.jpg

方向指示器を出すと、混んでても
「まままっ、どーぞ、お入りください。」
驚くべき紳士淑女たち。

d0117077_19433726.jpg

都会の人は冷たいなんて誰が言った?
運転する地区にもよるが、高級住宅地界隈ほど優雅な気がした。
ポルシェやフェラーリ、マセラッティに譲っていただくと逆に恐縮してしまう。

d0117077_1944583.jpg


以前、友人がスーパーの駐車場スペースで、出る車を待っていたところ

「ぐいっ!」

とその場所を横取りされた。

「ちょっと、こっちは待ってたのよ!(怒)」と怒ったら
中国人のおばちゃん、しらっと彼女の車を指差し、

「あんた国産、あたしベンツっ!!!」

と言い捨て、勝ち誇ったように目の前から消えた。

悔しいが妙に説得力有り・・・・・。
反論の余地無くスゴスゴ退散。



これはもう、街の差ではなく人格の差なんだろう。
[PR]
by ellie6152 | 2007-07-22 20:57 | 生活