海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

医者と患者



オーストラリアの医者は、感じの良い人が多い。

医者としての腕はもちろんのこと、サービス業で客(患者)の評価が即売り上げ(患者数)に繋がる。

d0117077_1974254.jpg


一般的に具合が悪くなるとGP(ジェネラル・プラクティショナーの略で一般医)に行く。
GPは人間の身体・精神に関わる全てを診ることができ、自分の手に負えないと判断された場合に紹介状を書き、必要であればそれぞれの専門医にまわされるシステムだ。
基本的に個人指名制。

患者は病院へ行くというよりは、指名した先生に診て貰う。

全ての分野(産婦人科、内科、外科、精神科、眼科、耳鼻科など全部)の知識がないとできない。
簡単な処置(切ったり縫ったり焼いたり)や注射も医師がやる場合が多い。
さらに人気商売なので無愛想では駄目だ。

わたしのホームドクターは、オージーの旦那様に男の子が二人いる中国人女性。
こちらはプライバシー重視のため全て個室。
もっぱら彼女と世間話に花を咲かせ、お互いの家族や自分の近況を話し、それだけで気分が良くなったりするくらいだ。
パースに来てからの7年間、わたしの健康はずっと彼女が管理している。

持病持ちの旦那と息子の診察の立ちあいや親族の入院、引っ越し先で相性のよい先生を見つけるまでの医者行脚工程、過去に医療通訳も仕事の一環だったわたしは、それらを通して多くの医者を見てきた。
日本以外で嫌な印象を抱いた医者は過去に一人だけ。
不愉快な思いをする確率は低い。

国立病院は原則的に医者を選べないが、国立でも医者やスタッフも感じが良い場合が多い。
基本的には国立での費用は無料。
有料無料を問わずこちらの病院では、入った瞬間から患者やその家族に対するイタワリの優しさが感じられる気がする。

d0117077_1982825.jpg


本来病人は具合が悪いから病院へ行くし、心配だから医者に診せる。
日本の医者は言葉こそは丁寧だが、「診てやってる」という驕りの匂いがする。
「患者様」とか、言葉だけが異様に丁寧なので余計寒々しい。
患者も「診て頂いてる」スミマセンな立場だ。
上下関係が完全に出来上がっているのだ。

見るからに具合が悪い人やお年寄りに、「これを持ってあっち行け」とか、「検査は上へ上がって、終わったらこっちに戻って」とか、さらに長時間待たせる。
病院の構造上仕方のないことなのかも知れないが、もう少し配慮があってもいいと思う。
医者に診て貰うまでに余計具合が悪くなりそうだ。

d0117077_191025.jpg


確かに日本の患者数、病院の設備、日本の医療制度がこちらと違うことは理解している。
人口に対する医者の絶対数も病院の数も先進国にあるまじき比率。
ただ、上のものが下を見下す心理は、国や制度の問題だけではないと思う。


日本の実家の近所の病院で、母を診た若い女医の知識の無さと傲慢な態度を、付き添いであるわたしが面と向かって非難した時の憤慨した彼女の顔は、きっと小さい頃から勉強ができて、他人から批判されたことの経験の無いまま医者になったのだと思う。

d0117077_1911873.jpg


わたし自身も、日本、NZとオーストラリアの3ヶ国での手術入院の経験がある。

日本の大学病院での診察で、3メートル先の人の診察結果の説明が、後ろで並んで待ってる全員に丸聞こえで、居たたまれなくなった経験を持つ。
入院の際、白い巨塔ばりの教授回診大名行列は、病院での優先順位を見せ付けられ、患者とその家族や一番下になってる状況に疑問を覚えた。
手術を担当する執刀医に、なぜ別途にお金を渡す習慣があるのか?
渡すほうにも問題があるが、お金によって医師の発揮する力が違ってくるのか?

個人差もあるだろう。
日本でも、誠心誠意頑張ってる人たちもたくさんいるのも知っている。
この日本の医療制度や古い病院のしきたりの中、志を持ちながら仕事をすることはさぞ大変なことだと思う。


こちらでも、医療問題は国会でも必ず問題になるテーマだ。
医師の絶対数も、病院のベッド数も、医療に割かれる予算も全然足りてない。

「外国が素晴らしい、日本は駄目だ」という次元で言っているつもりは毛頭ない。
こちらにも人当たりはよくても、腕のよくない医者も結構いる。
逆に日本にも、偏屈だけど腕は確かという医者もたくさんいるだろう。


患者の具合の悪さを思いやり、耳を傾ければ、最先端の技術に頼らずとも解決することもあるのではないか?
その仕事に対して患者側が、自然と医師に敬意を払う。

医療の原点、医者と患者の基本的な関係や癒しって、案外単純なところにあると思うけどなぁ・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2007-07-23 19:17 | 生活