海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

久しぶりの日記


随分と時間が経ってしまった。

やっとADSL2+に繋がったのが最初に申し込んでから半年後。
テルストラは本当に信用できない。
CEOの年俸、億単位のぼろ儲けだってぇ???
いったいどんな会社!?

テルストラにはさんざん我が家のADSL接続をグチャグチャにされて、
結局他者で繋げました。
それまでの間、ヒューヒョロヒョロダイヤルアップ接続。

ダウンロードしてる間に洗濯物を干し、戻ってもまだダメだったり。
一気に弥生時代へトランス。
本当に大変だった。

d0117077_13373488.jpg


ダーリンの事務所のお手伝いも後任者がやって来て
わたしもやっと勤め人生活から足を洗った。

夫婦で同じ職場で働いてみて、得たものは大きい。

「話題に出ていた人」を実際に自分の目で判断できる。
「あー、この人ね・・・・」って先入観テンコ盛り
家での仕事がらみの夫婦の会話も盛り上がる。

ダーリンの印象と私のでは異なることも多々あり。

「あの人は案外仕事ができないよ」とか、「一生懸命頑張ってる」とか
「一見仕事してるように見せかけて、いっつもインターネットしてる」とか、
「他の部署に移りたいみたい」とか、「転職サイト見てた」とか・・・・・・・。

ダーリンの前では気を付けてても、私には油断してるからよーく見える。

スパイ?

まっ、人聞きの悪い。
アドバイザーと呼んでっ。
またの名を、
「影の人事部長」

上から見たのと同列から見たのでは、違った面が見えるからいいと思うけどー。
冷静に人を見る目は持っていると思うので
案外的を得ている気もする。


それに普段家にいてだらーってしてるダーリンが、
仕事中はビシっとしてると見直すし。

直接一緒に仕事をするわけではなかったけど、
ダーリンのオフィスへ小切手のサインをもらいに行った時に二言三言。
コピー室で密会して晩御飯の打ち合わせしたり。
結構スリリングでよかったわー。

マンネリになった夫婦が同じ職場で働くってのも、なかなか刺激があっていいのかもしれない。


これっ、お勧めです。
[PR]
by ellie6152 | 2007-11-30 13:43 | 思ったこと・感じたこと