海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あわび獲りにはまる


今日も行ってきました、あわび獲り!

我が家の旬のブーム。

d0117077_11393581.jpg

毎週日曜日の早朝は5時半起きだー。

このためにわざわざ、3人分のウエットスーツを購入。
浪費家一家のうちは、まずは形からがお約束。
d0117077_11382687.jpg

さらに、
ダイバー用の手袋にブーツ。
シュノーケル。
捕獲用バック。
d0117077_11385117.jpg



パースでは決められた場所で、決められた期間内、
それも日曜日の朝7時から8時までの1時間だけ
許可証(4千円くらいで1年間有効)を持った者だけが
一人20個までの、あわびの捕獲が許される。
d0117077_11403355.jpg

もちろん規定サイズよりも大きくなければいけないし、
浜辺や海上には、サイズや個数をチェックする係員がウロウロしている。

これに違反すると罰金。
売買も禁止。
とても厳しいのだ。


NZにいた時は、ホタテ獲りに行ったことがある。

潮干狩りなんて、大きなアサリが砂利のようにゴロゴロしてた。
一人100個までお持ち帰り可だったが、
砂浜というよりアサリ浜で、見つけるというよりは、
シャベルですくってそのままバケツへ。
あっという間に100個。


d0117077_11411138.jpg

パースのアワビは、浅い岩肌にくっ付いているのを
スクリュードライバーで、ばりっと引っぺがす作業。
かなり力とテクニックが必要なのだ。
(わたしはスクリュードライバーを3本無くし、海底で誰かのを一本拾ったよ)

あわびも健気にも獲られまいと、ぎゅっと身を縮め、岩にさらにへばり付く。
それを梃子の原理を利用し、ばりっと一気にはがすのだ。
d0117077_11413370.jpg

波も来るので作業は手早く。
でも、そう簡単には取れない。

獲ってる最中に波にさらわれたり、力任せに引っ張ったら
殻だけ取れ、中身は岩に残り、ホームレスあわびと化す。
d0117077_11414913.jpg

岩場も突然深い穴があって、ガボッとはまったりすると恐怖だ。
打ち身と切り傷、スリ傷で、毎週体中が痛くなる。
体を張ったイベントなのである。

中国人の人とか、普段着のまま入水の人たちも。
それでも上手な人は手探りであっという間に20個ゲット。

水も綺麗なので目を凝らすとアワビが・・・・。

これをお刺身にして食べたり、炊き込みご飯に入れたり
お吸い物を作ったり、キモで塩辛を作ったり、余すところなく堪能できるのだ。
d0117077_11421316.jpg

パースの期間限定、お勧めイベント!
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-02 11:45 | 家族イベント