海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

息子の進路を考える


ちょっと前に、息子は15歳になったわけだが
オーストラリアの学年で10年生。
そろそろ最終学年の12年生の次を考える時期が来た。
d0117077_937331.jpg

両親を含めた進路説明会が開かれたり
個人面談があったりと
次第に身辺が慌しくなってくる。

大学進学組、職業訓練校組、就職組と11年生でクラス分け。
11年生で学校教育を終え、早々社会に出る子もいる。

d0117077_9373854.jpg

わたし自身、自分のやりたいことが
いつまで経っても分からなかった。
日本でも大学と名の付く学校は出たが、
勉強するという心構えなどまったく無く
もちろん将来の予想図や計画も何も無かった。

ずっと長いこと、そして今でも
本当に自分がやりたいことが決まらない。
試行錯誤しながら模索し、勉強し始めたのは
35歳を過ぎてから・・・・・・。

d0117077_9382653.jpg

現在大学に行けるほどの成績も意欲もない息子には
「大学は勉強したくなった時に行けばいいからね」
と言ってある。
きっぱりと、「大学は勉強する場」と教える。

親であるわたしが年取った大学生をして
目を三角に吊り上げて勉強する姿を見ているので
かなり説得力があると思う。

ダーリンも大学再入学組みだし
周りは、驚きの職歴や勉強をしている人で溢れている。
うちが特別というわけではない。

d0117077_939633.jpg

勉強したくなければしなくてもいいし
したければすればいい、というスタンス。
この点については、身をもって経験済みなので
焦りもしないし、期待もしない。
ひとそれぞれ

ここでは
いい大学を出たから良い仕事に就ける保障はないし
学歴は無いけど、手に職を持ってる人が
優雅な生活を楽しむことができる社会。
日本と違った構造が成り立っている。

ただ、勉強したくなった時は
いくつになっても勉強はできるものだということを
教えておくことは必要だと思うし
学ぶ楽しみを見せることもいいことだと思う。

d0117077_9394516.jpg

亡くなった父は、「人生一生勉強」がモットーだったし
実際彼は死ぬ間際まで、いつも勉強していた。
「信じられない!」
と思っていた勉強嫌いのわたしも兄も、
結局、ふたりともが35歳過ぎてから大学院の門をくぐった。


日本での受験戦争や成績至上主義は
わたしから見れば恐ろしい世界。

人生が始まったばかりの早い時点で
自分の将来のポジションが見え
今がダメだからお先真っ暗。
もうどうにでもなれ!
と自暴自棄になるかもしれない。

子供には、今しか、見えてない。
d0117077_940377.jpg


世界は広い
人間の可能性はそれよりも大きい

ひとそれぞれ違って当たり前

「その時」はきっとやって来る
それを察知できる感覚を育て
未来への明るい希望を与えることは

社会がどうこう言う以前に
親と周りのオトナの役目であると思う。

d0117077_9475130.jpg

人生はオリンピックの短距離レースではなく
地道に走り続ける観客無しのマラソン
子供の未来も、子育ての結果も
ゴールは遥か彼方にあるような気がする。
[PR]
by ellie6152 | 2008-09-04 09:59 | 14歳