海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:家族イベント( 17 )

我が家の釣り船、大活躍

ボートを買ってからしばらく経ちますが
今日、初めて乗りました。
何度も主人と息子に誘われていたのですが
勉強が忙しかったり、気分がすぐれなかったりと
ナンダカンダと理由をこじ付け延期してました。

暑くもなく寒くもなく、しかも早朝でもなく。
風も無いので、我が家の近く(車で2-3分)の船着場までボートを牽引。
そこに車を停め、乗船です。
d0117077_22211773.jpg

(注:これは、うちの釣り船じゃありません。。。。)
サウスパース、パースの街に行き引き返して
シェリーブリッジまで行きノンビリ。
我が家の釣り船くんはスピードも出るけど結構快適です。
大人4人乗っても、余裕で寝転がれるます。
うちの釣り船くん、なかなかやってくれます。
d0117077_22214435.jpg

年末年始の休暇中ということもあり
水上は大賑わい。

d0117077_2237415.jpg

ジェットスキー、ヨット、クルーザーがそれぞれ違ったスピードで大混雑。
d0117077_22374819.jpg

水上スキーやドーナツ浮き輪スキーとかもいて
ウォータースポーツが盛んな街です。
d0117077_22392851.jpg

d0117077_2240818.jpg

パースの街中を走っている車に4WDが多いのも頷けます。

先日、ダーリンと息子で近くの島へ行ったときのこと。
「トドとペンギンとイルカが居たよ!」と大興奮。
写真に収めてきました。
d0117077_22245817.jpg

(恍惚・・・・)
d0117077_22254061.jpg

海の水も透き通っててキレイ。
d0117077_2226456.jpg

インド洋をマリーナから沖へ20分足らずの場所です。

改めて「パースってスゴイ!」
[PR]
by ellie6152 | 2008-12-28 22:44 | 家族イベント

ミス・サイゴン


ミス・サイゴンを観た!

d0117077_21295240.jpg


ミュージカルよりコンサートを選びがちなわが家

たまたま、当日チケットの特等席が
破格値で4枚手に入ったので
母とダーリンとわたしで観に行ってきた。

d0117077_2133226.jpg


息子の分も一応買ったが
「絶対に行かない!」
と頑として首を縦に振らない・・・・・

仕方がないので
心当たりのある友人を片っ端から当たったが
ほとんどの人たちは既に観てしまっている

d0117077_2134356.jpg


結局、一席無駄にしてしまった。

d0117077_21362862.jpg


始まって思った。
「息子は来なくてよかった・・・・」
15歳には少々刺激が強いステージだ。

綺麗どころの、半裸に近いおネエちゃんたちが
クネクネと腰をくねらせ踊りまくるし
何度も、どこでも、あちこちで
「ちゅー」
って・・・・・

ベッドシーンも・・・・。

d0117077_21371038.jpg


観に行った友人が
「ぜったい男の子向きじゃない!」と。
その一言がなければ、
「情操教育」という名の下に
息子の首に縄を着けて
強制参加させてたところだった。


ラブロマンス系が苦手なダーリンは
案の定、始まってすぐに
「朝礼時のガキ大将」状態

忍耐の文字を体中から放出
途中で爆睡体勢に突入。

無駄になった隣の席を使って、
その巨体を横たえるのではないかと
落ち着いてステージに集中できないわたし・・・・

休憩のときの、わたしのオファー
「つまんないのなら、先に帰る・・・?」
という一言に
パッと顔を輝かせて
「電話くれたら速攻で迎えに行くからねー!!」
あっと言う間に視界から消えた・・・・。

d0117077_21404594.jpg


結局2席が無駄。
破格値が、一気にダフ屋相場に急上昇した瞬間。
[PR]
by ellie6152 | 2008-04-11 21:53 | 家族イベント

母上、参上!


今年も、日本から母が遊びに来た。

d0117077_18505243.jpg


毎年3ヶ月ほど
わが家に滞在するのが恒例行事になっているが
いつもは年末年始の激暑の夏の真っ只中。

夏以外のパースは
今回が8回目の訪パースで初めて。

70歳を過ぎた体には
パースの夏は辛いので
この時期に来て正解かもしれない。

d0117077_18572088.jpg


母は、とにかく若い!
去年一緒に日本を一周した時は
わたしも息子も、彼女に付いて行くのが精一杯。
疲れ知らず、元気ハツラツ。。。。

見た目もおそらく
どう見ても70歳には見えない。
肌もツルツルのモチモチ。

日本では一度も
優先席で席を譲られたことが無い
と言っていた。

足腰は丈夫で
背筋もピン!
姿勢もよい。

持ち物にも気を遣い
着るお洋服もお洒落なものしか身に着けない。

d0117077_18474369.jpg


テキトーな服を引っ掛けて、隣に居るわたしは
なぜだか、「ほんとに、もー、スミマセン・・・」という気になるのだ。


彼女の歩いた後ろには、
蝶が舞い、花が散る。。。。。

るんるん
らんらん

d0117077_18443642.jpg


性格はちっとも似てないけど
(わたしは亡くなった父似・・・)
わたしたちはいつも姉妹のように仲が良い。

d0117077_18514912.jpg


今日も暑いので
お昼はふたりで

Made In Australiaの
「ざるうどん」

d0117077_18541830.jpg


具は夕食の残り物だけど
母と一緒に食べると美味しいです。
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-27 19:01 | 家族イベント

昨夜は家族3人で
西オーストラリアシンフォニーオーケストラ(WASO)の
コンサートを聴きに行って来ました。
(全部写真がボケボケで、スミマセン・・・)
d0117077_12315422.jpg


指揮者にアーリル・レンメナイトが振り
d0117077_12322046.jpg

デミトリ・アシュケナージのクラリネット
d0117077_12323962.jpg



プログラムは

Rautavaara   Isle of Bliss
Nielsen      Concert for Clarinet & Orchestra
Dvorak     Symphony No.7

この最後の曲、ドヴォルザークは素晴らしい!
ちなみに「のだめ」で有名になったのは
ドヴォルザーク交響曲第5番
d0117077_12353757.jpg



今回は当日夜、映画の予定を急遽変更したため
いい席が全く残ってなくて
しょうがないので家族3人で一番安い
ステージすぐ後ろの自由席(大人ひとり2千円、学生1500円)
d0117077_12331882.jpg

今回初めて天井桟敷に座ったが
すっごく面白かった!

ホール自体とてもこじんまりしているので
ステージを上から近距離で見れるし
d0117077_12343073.jpg

楽器を習い始めてからだと思うけど
奏者の指使いとか気になるし
楽譜までよく見えます
ヒソヒソ声まで聞こえちゃいます。

d0117077_1235855.jpg

大都市の有名なコンサートホールでの演奏も魅力的だけど
このくらいの小さな規模のホールだと
どこに座っても
奏でる音が何にも邪魔されず
耳にスッポリ入るような気がする。
(ただの素人で根拠はないが・・)

イギリスでコンサートに通ったが
演奏者が豆粒サイズに見える席しか
取れなかった

d0117077_12445471.jpg


ステージ後ろすぐ上に居ると
自分もオーケストラの一員に含まれている錯覚まで起こす。

指揮者の気迫や
オケの気持ちの盛り上がり
ひとつの塊になってゆく過程を
空気で感じることができるのだ!


指揮者のレンメナイトも
オケの出来ばえに、ものすごく満足していたのも
近くに居てすごくよく分かった

感動モノでした!!
ぶらぼぉぉー


ダーリンのトランペットの先生が
WASOのトランペッターなのだが
ほとんどすぐそこの距離

この席
やみつきになりそうです


売店で可愛いもの見つけました!

素晴らしい演奏記念お土産・・・・
d0117077_12412625.jpg

d0117077_12421217.jpg

d0117077_12424182.jpg

(リードまでちゃんと付いてます)
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-16 12:50 | 家族イベント

カニ漁解禁



先週の日曜日
ダーリンのクライアントに招待された。
d0117077_2237534.jpg

会員専用クラブハウス内にある
レストランにて

「獲れたてのカニ、食べ放題!!!」

d0117077_22354184.jpg


Mandurahの豪邸住宅地の沖合いで
カニ漁が盛んな季節なのだ。


こぉーんなカニの山積みが
4人に一皿の割合で、どんどん運ばれてくる。

もう小手先に詰まってる
カニ身をホジホジする必要性も感じず
みんな大胆に殻入れへ
投げ込む・・・・

70-80人は入ってるレストラン内
みな無言

カニとの格闘!


カニとの対戦に疲れた頃
やっとみんなチラホラ話し始め
窓の外に見える景色に気が付く
d0117077_22375073.jpg


レストランは砂浜の真上の高台に位置
d0117077_22382188.jpg

素晴らしい眺め。
お天気も最高。
d0117077_22385966.jpg


カニもワインも
ウマイ

しっかりお土産用にパックされたカニ
お持ち帰りしてきました。



・・・・・・・

肝心のクライアントたちと
ほとんど話をする暇も無く
ただただカニ食べてさようならー。


クライアントの記憶全部
カニ・・・・・・。
d0117077_2236334.jpg



おいしゅうございました。

でも
本当は
カニ味噌
ずずずーっ
ってしたかったし

カニの殻入れの中のゴミ
スープ用のダシとるのに
お持ち帰りしたかったなー

さすがに
理性で
押し止めました

エライでしょ?
あたし
[PR]
by ellie6152 | 2008-02-27 22:52 | 家族イベント

スクールホリデーも、あと残すところ3週間。

ほとんど同居状態だった息子の親友は
リーダーシップ研修のため
タスマニアへ・・・・・・。

若さと体力、そして暇を持て余している息子を連れて
前から行ってみたかった「爬虫類センター」へ!

以前から何度か通りかかって
「いったいどんな生き物がいるの!?」って
すっごく気になっていた場所です。

「・・・・んなん、見たかねぇーよ!」と乗り気でない息子。

わたし、すっごーく見たーい!!

無理矢理中へ連れ込む。


最初に見たのは、亀くん
さすがっ、ガイジン顔
d0117077_21555029.jpg

小ぶりのワニもいましたが
迫力無いので写真も撮らず。


なんだか、正面の芝生の上が賑やかです。

行ってみると、
大蛇が芝生の上でシャーシャー言ってます。
d0117077_21582100.jpg


みんなが立っている真ん中で
シャーシャー
d0117077_21595695.jpg


触ってもOKだそうで、
ほいじゃあ、シツレイしまーす!
d0117077_2215710.jpg

濡れてるみたいにテカテカしてるけど
実際はドライです。
ハンドバッグの感触です。


大勢で寄ってたかって
さわりまくり!
d0117077_2244070.jpg


おいおい。。。。。
顔の上をまたいでる人も・・・・・
d0117077_226719.jpg


それでは大蛇さんの
正面アップの写真を一枚
d0117077_22113982.jpg


はぁーい、結構です。

舌も割れてて
なかなかよろしい!


他にもカンガルーとか
ディンゴとか、ポニーや鳥
オマケにセンターで飼ってる犬たちもいて
爬虫類じゃない動物で
隙間を埋めている気もしないでもないが・・・・・

入り口に
「外国人旅行者、爬虫類盗む!」
って張り紙があった

どうも盗まれたらしい・・・・・。


蛇に触れて有意義な体験でした。
[PR]
by ellie6152 | 2008-01-14 22:23 | 家族イベント

クリスマスシーズン


やっとクリスマスの日が終わった。。。。

この時期は、
クリスマスショッピングの人で
みんな殺気立ってるし
どこへ行っても超混雑
d0117077_2104876.jpg

クリスマスの出費は大きいし
何を買うか頭を悩ませる。

この時期は楽しみというより
逆にユーウツかも・・・・・・。

夫婦ともども
イベントは苦手です

今年のクリスマスは
いつものパーティーはやらないで
基本的には家族だけ
午後にちょっとだけ友人宅でシャンペンを飲むことで
協定を結びました。

Mr.14歳へのプレゼントは
d0117077_2025483.jpg

結局Sonyプレステ3、SonyのMP3、PS3のゲームを3つ、NintendoWiiのゲーム、PSPのゲーム、Meccanoのモデル(SLと飛行機)、キーボードなど。
全部で約20万ほど。
もうちょっとすると車とかバイクなんだろうなー。。。

わたしへのプレゼントは
自分で買った
d0117077_2093891.jpg
d0117077_2010610.jpg

それぞれ32ピースの内臓と脳のパズル。
これが難しくって、
盲腸の位置がいまいちよく分からなくて
組み立てたとたん
内臓がボロッと全部飛び出してきたりする。

シロクロにもプレゼント
d0117077_2020710.jpg

ぜんぜん興味ないようです。
フン、ってにおいかいでそれっきり。
床に転がってます。

ダーリンはもともと欲しい物がないし
ここのところ腰を痛めて
その治療費が一気に20万越したので
プレゼント無し。

オーストラリアの高額医療費、
なんとかならないかなぁ・・・・・。


さて、今日26日はボクシングデーでした。

もう暑くて暑くて!

天気予報では41度。
でも実際は温度計が
d0117077_2041211.jpg

暑くて全員で我が家の冷蔵室
ダーリンの常時16度寝室に避難。

家族3人それぞれMyPCを持ち込み
途中、息子の友人が合流。

4人でほとんど部屋から出れませんでした。

一応他の部屋全てエアコンつけてますが
ダーリン部屋はすっごく涼しい。

ほんと、今日は暑かったー!
あー、クリスマス終わってよかったー!
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-26 21:04 | 家族イベント

あわび獲り、最終日


昨日は、パースのあわび獲り最終日。

気温は低かったけど、絶好のタイミングの干潮。
もう、選り取り見取り。
岩の上に残った海水も、踝の深さ。
せいぜい深くてもふくらはぎくらい。

ウエットスーツ無しで、短パンでもOKの楽勝。

ものの30分でターゲットの20個クリア。

水が綺麗なので、なるべく大きいのを選びながらの作業。
岩の窪みにゴロゴロしてます。

結局ダーリンと息子の3人で、60個!!
あっと言う間にゲット。
あまりに簡単すぎて、逆に物足りなかった・・・・・。
d0117077_17394622.jpg


正直言って、あわびに対する食欲は
来年まで出そうにありません・・・・。
珍味も食べ過ぎるってのは、考えものです。
d0117077_17401632.jpg

そこでっ、
60個を、チャイニーズの友人たちに差し上げました。


毎週のあわび獲りのメンバーとも顔見知りになり、
「あわびの調理法」の話に花が咲きます。


あわび大好き民族、チャイニーズの調理法は、
まず茹でる事みたいです。
圧力鍋を使うと軟らかくなるそうです。
その後にソースで炒めます。

ポルトガル人の人も茹でるそうです。
茹でる前に、肉たたきでバンバン叩いて軟らかくすることもあります。
その後で炒めたり、ソースで和えたり。


わたしが「生で食べるよー!」と言うと
日本人以外の人は、気味悪いものでも見るような目。
視線が痛いです。

さらにダーリンが追い討ちをかけるように、
「彼女は、内臓も生で食べるよー!」
と言うと
会話している距離が歩幅分、クワッと開きます。
大体の人は、それに対してどうコメントするか、言葉をさがします。

実際に、あわびのキモは、見た目は非常に悪いです。
オスとメスで、緑色と茶色の差があります。
どちらにしても、デロッとしてます。

「生あわびのコリコリ感が最高・・・」や
「キモの生臭さがたまらないっ!」
って感覚は、
日本人ぐらいだと思います。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-10 17:49 | 家族イベント

我が家のX'masツリー

12月に突入
一年で一番忙しいクリスマスシーズン到来。

今年も14歳へのプレゼントに頭を悩ます。

去年は、任天堂Wii
今年は「プレステ3」か「XBox360」で迷う。


毎年恒例のクリスマスデコレーション。
大きいツリーと小さいツリー。
d0117077_20292266.jpg

d0117077_20294536.jpg


飾るのは楽しい。
d0117077_20305854.jpg

小物の可愛いのが多いので、見ているだけでも飽きない。
d0117077_20303524.jpg

d0117077_20311799.jpg


問題は、毎年増える続けるオーナメントたち。
捨てるわけにはいかない・・・・。

ツリーもどんどん重くなる。

衝動買いのオーナメントたちは、ツリーの一貫性を追及するどころじゃない騒ぎ。
d0117077_2033831.jpg

飾りを付ける枝も無くなった。
一枝に2-3個、鈴なり状態。
ごった煮を連想・・・。
d0117077_2033285.jpg



縁起が悪そうだから飾らないわけにもいかないしー。

我が家のツリーは18年間の歴史の重み。
度重なる引越しも、ずっと一緒に付いて来た。

クリスマスツリーって長持ちするものだって
たしかに当たり前のことだけど(1年に一度だけの頻度)
買ったときには考えてもみなかったなぁ。。。。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-03 20:37 | 家族イベント

あわび獲りにはまる


今日も行ってきました、あわび獲り!

我が家の旬のブーム。

d0117077_11393581.jpg

毎週日曜日の早朝は5時半起きだー。

このためにわざわざ、3人分のウエットスーツを購入。
浪費家一家のうちは、まずは形からがお約束。
d0117077_11382687.jpg

さらに、
ダイバー用の手袋にブーツ。
シュノーケル。
捕獲用バック。
d0117077_11385117.jpg



パースでは決められた場所で、決められた期間内、
それも日曜日の朝7時から8時までの1時間だけ
許可証(4千円くらいで1年間有効)を持った者だけが
一人20個までの、あわびの捕獲が許される。
d0117077_11403355.jpg

もちろん規定サイズよりも大きくなければいけないし、
浜辺や海上には、サイズや個数をチェックする係員がウロウロしている。

これに違反すると罰金。
売買も禁止。
とても厳しいのだ。


NZにいた時は、ホタテ獲りに行ったことがある。

潮干狩りなんて、大きなアサリが砂利のようにゴロゴロしてた。
一人100個までお持ち帰り可だったが、
砂浜というよりアサリ浜で、見つけるというよりは、
シャベルですくってそのままバケツへ。
あっという間に100個。


d0117077_11411138.jpg

パースのアワビは、浅い岩肌にくっ付いているのを
スクリュードライバーで、ばりっと引っぺがす作業。
かなり力とテクニックが必要なのだ。
(わたしはスクリュードライバーを3本無くし、海底で誰かのを一本拾ったよ)

あわびも健気にも獲られまいと、ぎゅっと身を縮め、岩にさらにへばり付く。
それを梃子の原理を利用し、ばりっと一気にはがすのだ。
d0117077_11413370.jpg

波も来るので作業は手早く。
でも、そう簡単には取れない。

獲ってる最中に波にさらわれたり、力任せに引っ張ったら
殻だけ取れ、中身は岩に残り、ホームレスあわびと化す。
d0117077_11414913.jpg

岩場も突然深い穴があって、ガボッとはまったりすると恐怖だ。
打ち身と切り傷、スリ傷で、毎週体中が痛くなる。
体を張ったイベントなのである。

中国人の人とか、普段着のまま入水の人たちも。
それでも上手な人は手探りであっという間に20個ゲット。

水も綺麗なので目を凝らすとアワビが・・・・。

これをお刺身にして食べたり、炊き込みご飯に入れたり
お吸い物を作ったり、キモで塩辛を作ったり、余すところなく堪能できるのだ。
d0117077_11421316.jpg

パースの期間限定、お勧めイベント!
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-02 11:45 | 家族イベント