海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:思ったこと・感じたこと( 14 )

遠い昔の思い出


今を生きることに夢中で
昔の出来事なんてすっかり忘れています。

それだけ自分勝手な性格ということだし
後ろは振り返らないで過ごしてきたわたしには
傷つけた人や、ご迷惑をかけた方々も多いと思う。

昨日のことはすっかり忘れてしまう。

ダーリンと電撃国際結婚して20年が経つけど
過去に結婚を意識した日本人が二人いた。

わたしが海外留学を決意した本当の理由は
高校時代から付き合っていた彼氏との関係を断ち切る為。
その男性の重すぎる愛情は
わたしには、とても居心地の悪いものだったし
結婚生活に必要な価値観が、あまりにも違っていた気がした。

どちらかと言うとわたしは派手な女子大生で
大学にはほとんど行かず、キャンペンガールなどイベント系のバイトに大忙し。
保守的な彼にとっては、自分の彼女を人前に晒すことが苦痛だった。
車の助手席側の窓には黒っぽいフィルムが貼られた。

わたしの学校やバイト先への送り迎えで
彼は自分の4年間の大学生活を終えた。

わたしはいつも監視されていた気がしたし
ウソをついて合コンに行って、
そのウソがバレて彼を疑心暗鬼にさせたり
わたしは息苦しくなると、他の男性と付き合ってみたりして
結局彼を悲しませたりした。

別れを意識しだしたわたしに気が付いたのか
彼はある日、わたしの首を絞め
「死んだらどこにも行かないよね・・・・」と呟く。
怖くなった私は、どうすれば彼と離れられるかを考えた。

遠くへ行こう。。。。

決断を下したわたしは、まだ23歳だった。
[PR]
by ellie6152 | 2009-02-03 21:32 | 思ったこと・感じたこと

くじら


日本の捕鯨に関するニュースを本当によく目にする。

おそらく日本では、こういったニュースは流さないのだと思います。

d0117077_2023157.jpg

先日も新しい靴に裏を貼ってもらう為に行ったお店の職人が

「あんた、何人?」って聞くので
「もとは日本人」って言ったら
「なぜ日本人はクジラを捕るのか?」と聞いたので
「そんなのワタシが知りたいわ!」と言ったら
「オレはグリーンピース団体を支援する」と言うから
面倒なので「ワタシもよ」と言ったら会話が続かなくなった。

日本は調査という名のもとに、年間900頭のクジラを捕る。

調査・・・・・?
調査するのに年間900頭も必要なの?
日本ってクジラの研究で大発見でもしてたっけ?
海洋研究するのに日本の技術があるのに、900頭も殺す必要があるのかな。。
調査なのになぜクジラが食として市場に出回っている?
だれかがどこかで利益を得ている?
d0117077_20243824.jpg

クジラを食べる文化・・・・?
クジラ肉は子供の頃、近所のスピッツのぺスがいたお魚屋さんの店頭に並んでたけど
学校給食の献立にもあったけど、まったく人気が無かった記憶が。。。
子供の頃以来食べてないし。
文化とは人々の生活に定着して初めて文化なのでは?
食べ物が溢れてるグルメの国に住む日本人に
昔のように貴重な蛋白源摂取の目的はもう存在しまい。
d0117077_2024282.jpg


確かに捕鯨に関しては、捕っても問題ない理由もあるだろう。
ただ!ここまで日本のイメージを悪くする捕鯨。
外交だ、国際交流だ、経済摩擦だと大金を投じて日本の印象を良くしても
捕鯨のイメージで台無しだ。
捕鯨のせいで、日本人の印象はものすごく悪いです。

お役人の天下り先問題とか
国家予算の関係とか、ほんの一握りの人たちの面子と利益のために
全体のイメージを下げてます。
あそこまで意固地になって、他の大多数の国を敵に回してまで捕鯨する
その理由をキチンと説明できれば、ここまで拗れる事はないはず。

d0117077_20254677.jpg

先日もクジラの絵が描いた一台のVanが目の前に。
「Save Whales、Kill Japs」と書かれていた。

毎晩のように流される捕鯨のニュースで
外国に住んでいる日本人は、本当に肩身の狭い思いをしています。。。。
d0117077_20261723.jpg

人の嫌がることはしてはいけませんって
わたしは親からちゃんと教えられました。
[PR]
by ellie6152 | 2009-01-28 20:28 | 思ったこと・感じたこと

ドタバタ2009年初ブログ


真夏のパースより
明けまして、おめでとうございます。
昨年もお世話になりました。
今年、2009年もよろしくお願いいたします。

d0117077_12464310.jpg


とても時期はずれな年始めのご挨拶で、申し訳ありません。

20年間近く(?)も、一ヶ月分毎月欠かさずAERAを送り続けて下さるY夫妻にも
いつも不義理ばかりしていて申し訳ないと思ってます。
ずっといっつも感謝感激のわたくしでございます。
この場を借りて、「ありがとう!!」を伝えます。

d0117077_12504650.jpg


さて2009年の我が家は、大混乱の末に始まりました。

まず、ダーリンが完全に独立という形を取り
自宅一角をオフィスに変え、在宅勤務に。
彼の記念すべき第一日目は、わたしの社会人復帰のその日に上手い具合に重なりました。

自分自身も移民法コンサルタントとして、会社に勤めてから独立するつもりでいたけど
ダーリンも事務所を辞めてしまい、わたしも古巣には戻りづらくなくなり

「法学部に残って弁護士目指す?」
「しょぉーがないから起業する・・・?」

と準備していた矢先
某事務所からお声が掛かり即採用、即勤務開始で
年明け早々フルタイムの職業婦人になりました、わたし!

今度は正真正銘の、ダーリンの庇護の下に無い環境で
これこそ「自立」
ヒトに遣われるという社会経験が乏しいので、ちょっと緊張。
「どっひゃー!?」って周りを驚かせるようなことを、自分でしでかしやしないかと
ヒヤヒヤし、そんなことに神経を遣うことから始めてます。

大学では移民法の法律の勉強だけで、実務は一切学ばなかったので
勉強したことと、実際に目の前で起こってることを結び付けるまでタイムラグあります。

d0117077_12521859.jpg

15才の送迎はダーリンの仕事。
わたしの送迎もダーリンの仕事。
。。。。。選手交代。

ダーリンは独立したと言っても、有難い事にクライアントは皆さま付いて来てくれたので
仕事自体は全く以前と変わりはなく、こちら側の都合だけの変化のみ。
今までも家でも仕事していたので違和感はないけど、
わたしが家に居ないのは、家族にとっては不便みたいです(笑)
「XX無いよ、どこ?」とか。。。。

わたし、パースに来て8年で
やっと自立!!正真正銘の社会人よっ。(45過ぎてるケド。。。)


d0117077_1365612.jpg


そんなこんなで、我が家の2009年もドタバタと慌しく始まりました。

今年もみなさんに、たくさんの素晴らしいコトが起こりますように。。。。

わたしの好きな斉藤一人さんの日替わり言葉をお裾分けです。
http://www.hitorisangayatteru.com/card.php
毎日気持ちがホッコリしますよ。

(速攻で獣医に連れてったけど異常なし)
d0117077_1318311.jpg

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by ellie6152 | 2009-01-25 13:21 | 思ったこと・感じたこと

ダーリンとは正反対の子供時代を送った。

親は一切「しなさい!」と強制しなかったし
自分で「何かがしたい!」と強く思うこともなかったように思う。

d0117077_1421647.jpg


小学校の時は陸上部(運動神経がよかった)

中学生時代は美術部(油絵描いてた)

高校入学とともに硬式テニス部に入部

100人以上いた新入部員のほとんどは
中学で軟式テニス経験者
高校に入って始めたビギナーのわたしは
テニスのルールや、ラケットの握り方、振り方から教わった。

ビギナーで、もちろんヘタクソ

d0117077_14232935.jpg


人数が多いわりには、女子が使えるコートは2面しかなく
入部した最初の一年は、夕暮れ時に与えられる20分ほどの打ち時間のみ。
ほとんど順番も回って来ないので
来る日も来る日も球拾いと、基礎体力&死のマラソンのみ
1年で30人近くまで絞られた。

打つ時間もないし、他の部員と比べて経験がないので
いつまで経っても上達しなかった

なぜか球がラケットに当たらない・・・

自分の中ではどうしても納得が行かない。

d0117077_14222428.jpg


7時から始まる朝錬は
先輩にコートの絶対優先権があった
体育会系の典型的な上下社会
それ以前だと暗くてボールが見えない


4時起きで、体育館で壁打ちすることにした
授業の間の5分、10分は自己錬
授業中は貴重な睡眠と食事、
テニス部顧問の先生との練習交換日記執筆に充てられた
勉強なんてどうでもよかった


「・・・・・いつまで経っても上手にならないの・・・・」
他の部員と自分を比べて下手なわたしが母に愚痴った

「努力すれば、きっと報われると思うよ」
「神様はちゃんと見てるから」

「ふぅーん、そんなものなの?」

素直なわたしは、その言葉を信じ
ただひたすら練習に励んだ。

d0117077_14274967.jpg


それ以降
部内で定期的に行われるランキング順位も
うなぎ上りに上昇

県大会ベスト16、
ベスト8
県大会三位と順位を伸ばした

上手になればなるほど
テニスが面白くてしょうがなかった

高校3年の夏
インターハイ出場

そこで完全燃焼し
以来、テニスに対しての興味は完全に無くなった。


高校時代の、わたしの頭の中はテニス一色
恥ずかしいことに、高校時代の記憶があまり残っていない。
授業やクラスメートや校舎、
学校行事や先生など、テニスと関係ないことは
記憶がスッポリ抜け落ちている・・・・・・。

今になって考えると
恐ろしいほどの集中力と執着でした。


今は、テレビでテニス観戦する興味すらなく
「あれっ、ルールってどうだっけ?」
なんて始末!


テニス部引退の時、テニス部の顧問の先生が
「お前は才能ではなく、努力で勝ち取った」
と、お褒め(?)の言葉を頂いた。

「なんだ、一生懸命やれば自分でもできるじゃん!!」

を学んだ高校時代

その時のことが
その後の自分形成の基礎となった気がする
[PR]
by ellie6152 | 2008-08-23 14:30 | 思ったこと・感じたこと

ダーリンは高校時代まで、NZ代表のスイマーだった。

子供の頃から水泳の英才教育を受け、
朝は4時起き、学校へ行き終われば即練習。

d0117077_13265847.jpg


一日も休みが無く、子供心に
「一度でいいから遅くまで寝ていたい」と思っていた。
毎週金曜日になるとドクターに連れてゆかれ
「筋肉のための注射」とか何とか・・・・
本人たちもよく分かっていなかった

今で言うステロイド?
薬物注射?

当時は当たり前のことだったようで
特に疑問も持たなかったそうだ。
今なら問題だが・・・・・

家族の生活も水泳第一。
いいコーチがいるという理由で海外(オーストラリア)移住や
国内でも引越しを繰り返した。

d0117077_13274319.jpg


ダーリン本人は
「水泳が、練習が、スパルタの父が嫌で仕方がなかった」
と言う。

優しかった母が不憫に思い、
ごくたまにタオルや水着をただ濡らせ外へ連れ出し
父には
「きょうも一生懸命練習してました」
と報告してくれたのが、せめてもの救いだ。

両親が不仲になり離婚、父親と練習地獄から解放された
引退して以来、水泳からは完全に離れた。
あの頃のことは思い出したくもないそうだ・・・・


だからからなのか
ダーリンはMr.15歳に対して
父という名と立場をつかい
強制することはしない。

反面教師・・・・


(第3部へと続きます・・・・)
[PR]
by ellie6152 | 2008-08-23 13:30 | 思ったこと・感じたこと

世界レベルまでの距離


巷では、オリンピックで大盛り上がり

d0117077_10425987.jpg


特に最近の日本は、遠巻きに見ていて感じるけど
以前に比べて、Nipponに抱く思い入れ度数が
高くなっている気がするのは、わたしの思い過ごし?
熱の入りように力が入ってます。

競技を見ながらいつも思うことは
選手が晴れの舞台に上がれるまでの道のり。
ひとりひとりに想像も出来ないドラマが秘められていて
背後霊のように、一つの塊となって戦う。

オリンピックまで来られるレベルになると
「好き」だけで楽しく、トントン拍子で登りつめた選手は
ほとんど居ないと思う。

d0117077_1044615.jpg


さて、世界レベルに到達するには
いつぐらいから始めればいいのか?

メジャーな競技だと、競争相手も多いので早いに越したことが無いし
さらにそれなりの才能や精神力、運も求められる。

d0117077_10452530.jpg

しかぁーし!!
「小さい時から始めてないから無理・・・・」
と諦めてはいけないと思う話を先日聞いた。

ダーリンと息子のかかりつけのホームドクター。
御年60ちょっと過ぎくらい。
気さくで腕も確かで人気者のドクターの彼の診療部屋。
見慣れている壁に掛かった写真群の中に
スカイダイバーの写真がたくさんある。

喘息がひどくなってきていた15歳を診せに行った時
何気に「スカイダイヴやるの?」って聞いたら
「50歳のサプライズ・バースデー・プレゼント」
息子さんから贈られ、以来すっかりはまったそうだ。

スカイフォーメーション・・・っていうやつ?

それを見て、プレゼントした息子当人も興味を持ち始めた。
当時彼は20を過ぎたサラリーマン。
仕事をしながらどんどん上達。

あっと言う間に世界大会6位!

 -年齢があまり関係ない競技
 -競技者数が少ない

ってことは大きいと思う。
スポーツのカテゴリーに入るのかな?


(長くなりそうなので、次につづく・・・・)
[PR]
by ellie6152 | 2008-08-23 10:48 | 思ったこと・感じたこと

霊の青年、発見!


昨日のラジオの話の続きです。
d0117077_1754443.jpg


若者の霊が誰だか分かりました。

青年はパース出身で
引っ越した先のシドニーで
薬物過剰摂取の為、死亡。

残された家族は
彼の死が納得できずにいました。
d0117077_17543328.jpg


彼自身は薬に手を出したことは無く
誰かに、飲み物に薬を入れられ
それが元で亡くなりました。

生前は、決してドラッグ常用者だったわけではありません。
d0117077_1755736.jpg


末期がんで入院中の
シドニーに住む
彼のお母さんも見つかりました。

亡くなった青年の名前、
パースに住む妹さん(彼女が放送を聞いた)の名前、
そしてお母さんの名前
全部、一致しました。
d0117077_17553538.jpg


残された人生の時間が少ないお母さんは
やっと安心して
彼の元へ行けることでしょう。

亡くなった彼は
自分のせいで
お母さんに悲しい思いをさせたまま
こちら側に迎えたくはなかったのでしょう。

d0117077_1883220.jpg


占い師は言います。

どんな形で亡くなったにせよ、
霊は

自分は大丈夫だよ
心配しないで」

と、残された愛する人たちに伝えたいそうです。

d0117077_17561624.jpg

今回わたしが驚いたことは
この地方ラジオ番組のコーナーの呼びかけに
「心当たりがある!」という連絡を入れた人が
ものすごい数だったこと。

多くの人が
青年と似たような死を遂げ
その残された家族が今なお苦しんでいるという事実。
d0117077_1831520.jpg


この占い師が
実際に事件にならない
そこらへんに転がってる事故例を挙げ、
ありふれた名前を適当に言って
それに飛びついてきた人たちを後でピックアップしたり、
実は、事前に事故の詳細を知っていた
という可能性ももちろんあります。
d0117077_17564495.jpg


ただ、何となく彼の言っていた

選択はすべて自分の判断で、霊の操作ではない

ということと

どんな悲惨な死を体験しても、
残された人に伝えたいメッセージは
相手を思いやる気持ちに溢れている


という前向きな解釈のしかたは
とても好きだ。
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-21 18:11 | 思ったこと・感じたこと

霊の皆様、お疲れ様です



お気に入りのラジオ番組のコーナーで
聴取者参加型の電話公開占いというのがある。
d0117077_11545371.jpg


占い師の男性は結構辛辣で
お茶を濁したりはせず、
はっきり
今すぐ別れなさい
うまく行きません
望みは全くありません
などと、身も蓋も無いようなことを
自信を持って断言する人物。
d0117077_11551546.jpg


彼は、

「ぼくは占い師です。
生年月日などのデーターを元に、出た結果を言ってるだけで、
霊的なお告げを言っているわけではありません。」

とか、

「守護霊(こちらではガーディアン・エンジェル)なんて、
本当は存在しません。
人生は必ず、好い事と悪い事が誰にでも起こります。
ただ、その対処の選択をする時に、
周りにいる霊が、最良の選択をするようにエネルギーを送る。
守護霊がいて、悪いことが起きない様に阻止したり、
勝手に物事を決める訳ではない。
霊の送るエネルギーを感じ、
最終的に選択し、決断を下すのは自分だ

と、言ってました。
d0117077_11555480.jpg


一生懸命にエネルギーを送ってる霊たちも、
本人の選択に
「。。。。。おいおい・・・・」
と呆れている可能性もあるのだ。


うーーーん、かなり説得力があります。

d0117077_11561763.jpg


先日も、いつものようにバシバシ言いたい放題だったが、
放送途中で、完全に上の空状態。
次の予定の人を占うことが出来ないくらい
すっかり取り乱していた。

本当かどうか分からないが、
なんでも、途中から2人の亡くなった霊が
色んなことを訴えてきているとのコト。


薬物による事故死した青年の霊は
残された家族が、彼の「自殺」を疑っていて
今なお苦しんでいるので、
「お母さんにあれは事故だと伝えてください」と言って
自分の名前も、お母さんの名前まで出してました。

d0117077_11574141.jpg


さらにもう一人は、
若い女の人で、
電話ボックスで話していたら、
男性が声を掛けて来たので、
信用して車に乗り込んだため、
本当はXXまで行きたかったのに、
違うYYという場所まで連れて行かれて殺された・・・・。
と、言ってます。
もちろん、名前も言ってます。

結局、時間になり
「お心当たりの方はラジオ局まで・・・」となったが
これって、どぉなるのか?
ものすごーぉく気になります。
d0117077_11571276.jpg


わたしは、ごくたまに
霊感らしいものを感じますが、
一番怖かったのは
ダーリンと二人で、映画「エクソシスト」を鑑賞中、
一番怖い名場面、

「キャリーの首、180度回転、振り向いた!!


その時っ

「ズッポーン、ズッポーン」

天井に吊るしてあったシャンデリア、
花びら型の中に埋ってた電球4つのうち二つが
わたしたちめがけて飛んできたのだっ!!!

もう、二人して

ぎゃー!!!!!


もう、二度とエクソシストは見れません!!
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-20 12:07 | 思ったこと・感じたこと

久しぶりの日記


随分と時間が経ってしまった。

やっとADSL2+に繋がったのが最初に申し込んでから半年後。
テルストラは本当に信用できない。
CEOの年俸、億単位のぼろ儲けだってぇ???
いったいどんな会社!?

テルストラにはさんざん我が家のADSL接続をグチャグチャにされて、
結局他者で繋げました。
それまでの間、ヒューヒョロヒョロダイヤルアップ接続。

ダウンロードしてる間に洗濯物を干し、戻ってもまだダメだったり。
一気に弥生時代へトランス。
本当に大変だった。

d0117077_13373488.jpg


ダーリンの事務所のお手伝いも後任者がやって来て
わたしもやっと勤め人生活から足を洗った。

夫婦で同じ職場で働いてみて、得たものは大きい。

「話題に出ていた人」を実際に自分の目で判断できる。
「あー、この人ね・・・・」って先入観テンコ盛り
家での仕事がらみの夫婦の会話も盛り上がる。

ダーリンの印象と私のでは異なることも多々あり。

「あの人は案外仕事ができないよ」とか、「一生懸命頑張ってる」とか
「一見仕事してるように見せかけて、いっつもインターネットしてる」とか、
「他の部署に移りたいみたい」とか、「転職サイト見てた」とか・・・・・・・。

ダーリンの前では気を付けてても、私には油断してるからよーく見える。

スパイ?

まっ、人聞きの悪い。
アドバイザーと呼んでっ。
またの名を、
「影の人事部長」

上から見たのと同列から見たのでは、違った面が見えるからいいと思うけどー。
冷静に人を見る目は持っていると思うので
案外的を得ている気もする。


それに普段家にいてだらーってしてるダーリンが、
仕事中はビシっとしてると見直すし。

直接一緒に仕事をするわけではなかったけど、
ダーリンのオフィスへ小切手のサインをもらいに行った時に二言三言。
コピー室で密会して晩御飯の打ち合わせしたり。
結構スリリングでよかったわー。

マンネリになった夫婦が同じ職場で働くってのも、なかなか刺激があっていいのかもしれない。


これっ、お勧めです。
[PR]
by ellie6152 | 2007-11-30 13:43 | 思ったこと・感じたこと

困った事態

困ってます・・・。

インターネットがつながりません・・・・。

さらに月曜日から突然フルタイムの仕事が入ってしまい
プロバイダーとのバトルにも、イマイチ力が入りません。

社会復帰は大変ですが、結構楽しい毎日です。

復旧するまで、もう少しお待ちくださいませ。
[PR]
by ellie6152 | 2007-08-01 22:04 | 思ったこと・感じたこと