海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:思ったこと・感じたこと( 14 )

夢の中身


生まれつき目の見えない人は,
寝ている間に、どんな夢を見るのだろう?

誰でも夢は見る。

目の見えない人の夢の画像は、心が映し出すイメージの投影なのだそうだ。


事故で車椅子になった知人は、「夢の中の自分が車椅子姿になるまでに、10年の歳月が必要だった」と語った。

d0117077_14153567.jpg



枕に頭を乗せ、ブランケットを胸に引き寄せた次の瞬間、
気絶したように眠りに落ちるわたしは、見たはずの夢を殆ど覚えていない。

ベッドに行って目を瞑ったと思ったら、
「えっ!?」という間に朝が来る。
心配事があっても、眠れないということはない。

むしろ眠りすぎのほうが心配事だ。

寝たと思ったらもう朝だ。
毎朝、騙されたような気がする・・・・・。

d0117077_146681.jpg



たまぁーに見た夢を、覚えていることがある。
亡くなった父が登場人物で出てきたりすると、

 「カーット、カット、カット!」 

監督(わたし)の声。
そこで夢の撮影ストップ。

「この人はもう死んでるから、生きて出てくるのはオカシイ」

と思い直し
無理矢理黒縁の写真立ての中へと、お戻りいただく。

そういう冷静さを、自分でも寒々しいと呆れながら見る夢は、
完全に娯楽性を欠いている。

かなり現実的・・・・・?

d0117077_14181227.jpg


周りの人たちの見た夢の話を聞くと、怪獣が出てきたり(ダーリン)、乗り物に乗ってどこかへ行ったり(息子14歳)、素敵な男性とデートしたり(友人)、空を飛んだり(母)。
みんなの夢にはエンターテイメント性の要素があるようだ。
現実ではない違う人生があるみたいで、充実してる気がするが。
なんか楽しそうだ。

わたしの人生、スカスカ・・・・?

d0117077_14183846.jpg


今朝、近所に住む友人が

「昨晩、わたし電話・・・・した?」

と、確認に来た。

夢と現実の区別がないほどリアルな夢だったようだ。
我が家へ来るまでの間、

「もしかして、アタマおかしくなった・・・?」

かなり真剣に悩んでいた。

もちろん実際に彼女からの電話はない。


こーゆー実生活延長上のリアルな夢って、困るだろうなぁー。
一日24時間起きてるみたいで、かなり疲れると思う。

おお・・・友よ、どこへ行く? お大事に・・・。

d0117077_14193840.jpg


漱石の中で一番好きな作品、「夢十夜」。
その中の「一夜目」の夢物語は大好きだ。

この作品、漱石の夢を記録したものだが、なかなか面白い。

妻の亡くなる最期の言葉が、「百年待ってて・・・、そしたらまた会える」。
「亡骸を真珠貝で彫った穴に埋め、墓標代わりに空から落ちてきた星の屑を立てて、お日様が昇りそして沈むのを見ながら待っててね」と。
随分と大変な遺言だが、言われた通りにお墓の石上の苔に座り、ずっとその場所で日の出日の入りを数えて過ごす。

待てど暮らせど彼女は現れない。
「騙されたのか・・・?」と思ったら、石の下から茎が伸び、自分の胸元で止まった。
その茎の先に付いたツボミが花開き、むせるような香りと共に一輪の白い百合となる。
一粒の滴が天から花に落ち、百合が揺れ、そっと唇を寄せた。
そして知る。
「百年経ったんだ」と。

d0117077_14202851.jpg


一晩寝ている間に百年経つってスゴイ。

短い物語であるが、読んだ後、温かい優しい気持ちになれる気がする。


漱石、あんたはすごいよ。

さすが文豪、夢まで文学っ! 
[PR]
by ellie6152 | 2007-07-25 14:28 | 思ったこと・感じたこと

愛の方程式


YouTubeで、日本のテレビ番組が見られることを発見。
再生の連続で細切れではあるが、十分に楽しめる。

d0117077_14415842.jpg


島田紳助の名前を見つけ、何気に再生を押して見てみたら

うまい!

松本人志(わたしには、この人が面白いのかイマイチよく分からない)を相手に話していたが、

うまいっ!!

話の職人とか、芸人という貫禄が出てきた。
別にファンだったわけでもないし、お笑いが好きだったわけでもない。

欽ちゃんみたいに、時間とともに見るのに痛みを伴う芸能人が多い中、、
紳助は長年生き残り、さらに業界で成長した数少ない中の一人であろう。

d0117077_14423573.jpg


彼が言っていた、「男の愛情のバロメーター」。
女性に対する愛情の量を、方程式で表すと・・・・・

 (好き)- (エッチ)= 愛 
http://jp.youtube.com/watch?v=Vk_jkiA0oLs

なぁーるほど!!(ひざ、ポンっ)

男女の違いは、永遠のテーマでもあるが、
これほど的を得た表現は無いような気がする。
妙に説得力がないか?


割り算や掛け算やルートなど、面倒なものではなく
単純明快の引き算。
小学校1年生の算数ドリルでも勉強する。

d0117077_14432152.jpg


では、女性の場合はどうだろう?
 
わたしが思うに、

 (好き)+(エッチ)-(打算)= 愛


通常、女性の場合、「エッチ」は「好き」の前提の上に成り立つ。
ただ、残念ながらその合計が「愛」に繋がるほど純情ではない。


「エッチ」の数値は総数で、行為そのものに、ムードと質(技術)等を含む。
つまり、消費税・サービス料込みってことだ


 女性がシャワーを浴びてる間に腕立て伏せなんてやって待ってる2分男は、ごっそり値引きされるのだ! 



そこから相手の将来性や、現在の状況、これからの二人の関係などで微調整。
案外目盛りは細かいし、忙しなく上下に動かされる。

イケメン3高次男坊への愛情は、大幅に水増しされていることが多いが、
この分は源泉徴収で、結婚後に払い戻されることがある。

その反対に、ダメンズを好きになるとか叶わぬ恋などは、マイナス(-打算)でプラスに変わり、愛の数値がぐいぃーんとアップ。
ただし、愛情の量は自己申告制なので、思い込みの誤差を含むことを忘れてはならない。


d0117077_1444174.jpg



やっぱり、男の人ってわかりやすい?
[PR]
by ellie6152 | 2007-07-24 15:12 | 思ったこと・感じたこと

15回忌に思ふこと

d0117077_1261398.jpg

今日は亡くなった父の15回忌の命日。
14年の歳月が流れた。

丁度わたしの妊娠と父の癌発見が同時期で、息子が生まれてまもなく息を引き取った。
その時はNZに住んでいたし、もともと普通分娩は無理だったこともあり、父が危篤状態に陥る度に、身重の自分と日本との距離を痛感しなければならなかった。
d0117077_12103345.jpg


結局、帝王切開で産んでから1ヶ月後に乳飲み子の息子を連れ日本に帰り、そのひと月後に父は他界した。
意識のあるうちに、初孫である息子を見せてあげられて、本当によかったと思う。

d0117077_12135232.jpg

父に叱られた記憶がない。
怒っているのを見たこともないし、父と母は言い争いすらしたことがなかった。
穏やかな男性だった。

何かを押し付けられたこともなく、勉強嫌いで外で遊んでばかりいたわたしを心配していた母に、「大丈夫、あの子は自分で勉強したいと思った時、それが幾つであってもちゃんとやるから。」と、35歳を過ぎて勉強しだしたわたしの遅咲きの将来を予言していた。

夜遊びが続き、連日真夜中の帰宅になった大学生の時、玄関の上がりかまちに大きな字で、「人間とは、人と人の間に生きるものである」と書いたメッセージが置いてあった。
酔っぱらっていたわたしは「なぁーんだ、これぇ?」と深く考えなかったが、だいぶ後になり父の伝えたかったことが分かった気がする。

我が家の教育も変わっていて、銀行家だった祖父に反発して家でお金の話をすることを好まなかった父が、子供に金銭感覚を教えるため考案したのが「絨毯の下銀行」だ。
子供の頃から絨毯をめくるとお金があり、いつでも必要な分だけ持ち出しても良いことになっていた。
無くなりそうになるとちゃんと補充されていて、遊ぶことに夢中だった大学時代は、万単位で持ち出していた。

ただ、それなりに自分でも「ちょっとマズイ・・・?」とか、「遣い過ぎ?」とか「この前たくさん持ってったから少し自粛しよう・・・」と、絨毯を捲ってはバカななりにも考えていたように思う。

わたしがNZで家が欲しいと言った時も、24の小娘に「その不動産投資が有益か?」というレポートをリサーチしたデータと共に提出させ、父が納得したら資金を出すというものだった。

ほとんど事後承諾とも言えるわたしの国際結婚に関しても、23歳で海外に出た時に覚悟していたので反対も無く、英語が堪能だった父はダーリンが「きみのパパはボクが一度も使ったことの無い難しい単語を知っている」と舌を捲いたし、父を慕うダーリンをとても可愛がった。

警察勤務を辞めて大学に通い弁護士になりたいと言ったダーリンの夢を手放しで喜び、精神的にも金銭的にも支えたのは父だった。
父の遺言は、「保険訴訟はやらないように」と「NZで弁護士登録した後、ハーバード大学院に行かせなさい」という言葉と共に、そのお金もダーリンに遺した。
d0117077_1216142.jpg


「人生一生が勉強」と「創意工夫」は父が掲げた我が家のスローガンで、常に何かを学び病床で意識が無くなる寸前まで本と新聞を手放さなかった父は、身をもってその言葉を実践し教えてくれた。


親となったわたしは今、日々息子に残し伝えたい言葉の一つ一つを、現在の彼にではなく、未来の彼に向かって語っている。
今は分からなくてもいい、でも将来分かるかもしれないその日のために。


父は亡くなったけど、父から教えられたことはそのまま生き続け、わたしが次の世代へとその足跡を残す。
こうやって過去と未来が実際に繋がり、現在がある。
死は終わりではない。


わたしにとっての命日は、父の死を悲しむよりも、父の娘として生まれた自分の幸せを確認する日なのである。
[PR]
by ellie6152 | 2007-07-02 12:17 | 思ったこと・感じたこと

家族

無事にパースへ着き、友人宅に預けてあった「シロとクロ」を引き取り、その後近所の馴染みの中華料理屋さんでご飯を食べてやっと一息。
それでも14歳くんは、友人たちとのボーリング大会に行くと言う。

ダーリンはKLで14歳のために買ってあげたリモコンのヘリコプター(結構デカイ!)を、真っ暗になったというのに我が家の前庭でテスト飛行。
近所の人も集まってきて、何でも縦横50平方メートルの間を操縦可能なんだってー。
ダーリンの仕事仲間がロケットを飛ばすのが趣味で、ミニチュアロケットを本当に打ち上げるのだが、ものすごい煙と音とスピードであっという間に上空へ消える。
わが家の近くの学校の校庭でも、土日になるとリモコンオタクみたいな奴らが、上空に色んな物体を飛ばして遊んでいる。
男のロマンってやつかぁー?



帰りの飛行機の中で、前の席に座っていた白人夫婦が3歳くらいの男の子(完全純血アジア人のおしょうゆ顔、血統書付き)を連れていた。
こういうパターンの親子が別に特別ってわけじゃない。

実際に息子の仲良しの男の子も、養子という法的関係はないが、両親共に刑務所に入っている麻薬中毒者か何かで、兄妹揃って縁もゆかりも無い里親の下で暮らしている。
この育ての親は、実際に今まで13人の様々な境遇の子供たちを育ててきたのだそうだ。
大体が高校を終える年齢になるまでが目安のよう。
この場合育ての親を「ダディ、マミィ」とか呼ばないし呼ばせないで、ある程度の距離を置いて一緒に暮らしている。

飛行機の中で観た日本映画が「フラガール」と「手紙」の2本。
この「手紙」っていう映画の内容が、とっても日本人的な考えだったもので、実際に目の前に座っていた親子との対照が興味深かった。

映画は、「犯罪者の親戚は、日本では普通に暮らせない」っていうことかなー。
とにかくすっごく可哀想で、人目もはばからずボロボロ泣いてました。
これって日本だけではなく、一部アジアでの一般的な考え方かもしれない。

こちらでは個人が尊重されるし、血の繋がりにあまり執着していなかったりする。
同じ白人でもイタリア人、ギリシャ人などは家族の絆が強いからまた違ってくるのだろうけど、養子や里子とかは別に珍しい話ではない。

ただし申し出る家族の数が多いし条件も厳しいので、わざわざ海外に子供を貰いに行くってケースもある(海外だと割高だけど・・・)。
マドンナやアンジェリーナ・ジョリーとか、他にも有名人が思いもよらない国から子供をお持ち帰りしている。

NZにいた時に知り合いが(独身女性)ロシアの養護施設から、かなり重症の、親に見離された障害児の子供を養子にもらった。
世界でただひとりの医者ができる手術をアメリカで受けさせるため、その手術にかかる代金捻出のため、ありとあらゆる努力を惜しまなかった。
歩けない話せない子供が、新しい親の元で最高の治療と愛情を注がれて、次第に話せるようになり歩けるようになり、表情も豊かになってどんどん不可能が可能になるのを目の当たりに見て、とても感動したことがあった。


こちらのテレビでたまに犯罪者の家族がコメントを出していたりする。
取材を受けたりしていても、どこか第三者的な印象が伝わってくる。
よっぽど話題性がない限り、日本のマスコミのように加害者の親族へ対する取材攻撃も無い。
考え方が根本から違うのだ。


新しい親の元、新しいチャンスを得て、人生が大きく変わった子供たちが世の中にはたくさんいるのだ。
養子や里親は別に隠す必要もないし。


うちには子供(本当の子)が14歳ひとりいるが、さらに養子という選択も考えてはいる。

チャンスをどう生かすかはその子次第だろうけど、本当にそれを求めている子のために、人生の一番多感な子供時代に、何の心配の無い環境を提供してあげられればいいね、って夫婦でよく話をする。
実際にダーリンの亡くなった叔母さんもしていたように・・・。


犯罪者の身内ということを理由に、一生懸命這い上がろうとしているのを上から突き落とすよりも、落ちている人をたくさんの手で引っ張ってあげるほうが、これからの世の中変わると思うけどなぁ・・・・。

もちろん人を育てることはとても大変だ。
でも、大人の役目って世の中全ての子供のために、最低限の衣食住と平穏な毎日をある一定期間だけ提供し、誰にでも可能な限りチャンスを与えてあげることが義務って気がするけどなぁ。
もちろんその大人の状況と環境に応じてだけど・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2007-05-04 22:10 | 思ったこと・感じたこと