海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:オーストラリア( 19 )

オーストラリアデー


今日はオーストラリアデー

つまり、オーストラリアの建国記念日という日の祝日
d0117077_2002999.jpg


今年はたまたま今日2009年1月26日が
チャイニーズ・ニューイヤーの旧正月と重なりました。

街にはオーストラリア国旗を飾った車が走り
今夜の花火見物の為の交通規制が始まり
人々はお祭り気分で渇いた喉にビールを流し込みながら
暗くなるのを待つ

d0117077_2012249.jpg

イベント苦手で、人ごみ苦手な我が家の面々は
こういう賑やかな日は、自宅でひっそり静かに過ごします。
夕方には友人家族(オージー)と我が家で食事くらい。
気心が知れた仲なので、通常の夕飯にちょっと参加という形。

 <本日のメニュー>
*野菜のラビオリ、トマトソース味
*サーモンと夏野菜のパイ包み焼き、グリーンピースソース
*餃子
*グリーンサラダ
*キャラメルバナナタルト


オーストラリアに住んで8年。
オーストラリアの国籍を持たないわたし達にとって
建国記念日を旗を振りお祝いするほどの無邪気さはなく
数少ない有り難い祝日を休息日にあてるだけ。
花火は自宅から少し離れた、小高い通りのてっ辺からでも
ちゃんと楽しめます。

アメリカ合衆国同様、多民族で形成されているオーストラリアも
人種や文化の違いを乗り越え、ひとつの国家を形成する上で
こういったお祝い気分で、国民としての団結心を確認し合う儀式は
定期的に必要なのかもしれません。
d0117077_2015914.jpg


今晩のデザートの為に焼いたケーキです。
d0117077_19575050.jpg

食べたかったレシピが無かったので勝手に創作。
覚え書きの為、残しておきます。


<キャラメルバナナタルト>

材料A (タルト生地)
    減塩バター(室温) 60g
    お砂糖(粉糖でも可)30g
    卵黄(室温)    1こ
    薄力粉      120g  
    バニラエッセンス  少量

1.バターとお砂糖を白っぽいクリーム状にして、卵黄を入れハンドミキサーで混ぜる。
2.薄力粉を少しずつ入れ軽く混ぜ一まとめにして、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。

材料B (キャラメルクリーム)
    砂糖50g
    生クリーム 50g
    水 大さじ1

1.クリームは電子レンジで30秒ほど温めておく
2.砂糖と水を厚手の鍋に入れて煮溶かし、色付いたら温めたクリームを入れる。

材料C (焼きバナナ)
    完熟バナナ3本(縦に二つに切る)
    バター ひとかけら
    レモン汁 少々

1.フライパンにバターを溶かし、レモン汁をふりかけバナナを入れ両面を焼く
2.容器に取り材料Cで作った半分のキャラメルソースを絡め冷ます

材料D (アーモンドクリーム)

    室温無塩ター 50g
    砂糖(粉糖でも可)10g *無くてもOK
    室温 卵(全卵)1こ
    アーモンドパウダー 60g
    材料Bで作ったキャラメルソース 残り

1.バターと砂糖を白っぽくなるまでハンドミキサーで混ぜる
2.全卵を入れてふんわりしてくるまでハンドミキサーで混ぜる
3.冷めたキャラメルソースを少しずつ入れ混ぜる
4.アーモンドパウダーを入れて、サックリ(混ぜすぎないように)軽く混ぜる

仕上げ
   
1.冷蔵庫に入れておいた生地Aを麺棒で伸ばしてタルト型へ入れ
2.冷めたキャラメルバナナCを底に敷き
3.アーモンドクリームDを入れる
4.表面にスライスアーモンドまたはココナッツを散らしても可
5.180度のオーブンで40分ほどかけて焼き色を付ける。
6.取り出して冷まして、無糖ヨーグルトを添えて食べるとGoodです。

オージーの友人家族も今晩は、ちょっと花火を見に行くだけ。
夜の9時に始まります。

Happy Australia Day!


    
[PR]
by ellie6152 | 2009-01-26 20:08 | オーストラリア


15歳息子(雑種)の親友(生粋のオージー)に
最近彼女ができた。
d0117077_1026294.jpg


相手は13歳の他校の学生で
空軍見習い青少年士官コースで一緒だそうで
わたしの友人でもある彼のお母さんが
「24時間電話で繋がってる状態」だそうで
寝ても覚めても彼女のことばかり・・・・・
と、大きなため息。

ついこの間、学校の3週間ヨーロッパ演奏ツアーでも
両親共々が引率
トロンボーンの演奏や、ジャズピアノ、バイオリンと
音楽の英才教育を受けてきた彼が
「音楽を辞めたい!」と宣言

練習時間が多いので
彼女と過ごす時間が削られるからだろう。。。
(本人、もっともらしい理由を羅列してましたが・・・

両親大ショック!

d0117077_10272823.jpg


以前住んでいた家のお隣さんの家族構成は
両親・娘(16歳)・息子(14歳)
プラス娘の彼氏(大学生18歳)だった。

長男のように振る舞い、お隣の奥さんが身の回りの世話をする光景は
わたしには不思議に見えた。

d0117077_1028624.jpg


奥さんの言い分としては

「彼と一緒に住むって言い出して
その彼の住んでるフラットが掃き溜めみたいで
フラットメイトも悪そうな若者で、
あなた、そんな所に何も知らないうちのカワイイ16歳の箱入り娘を
置いておけないでしょ?」

さらに

「うちにいれば、わたしたちの管理下の元
見守っていられるし、安心よ。
娘への悪影響を考えての、苦肉の策!」

ナルホド。。。。。一理ある・・・・・・

彼女の部屋のベッドを大きなものに買い替え
夕食後、ふたりで
「オヤスミなぁーさぁーい!」と部屋へ消えてゆく姿は
何度見ても違和感を覚えた。

貧乏学生の彼氏にしてみれば
「家賃・食費ははかからない
食事や洗濯、家の掃除もしてもらえ
プール付きの大きな家に住んで
外食や旅行まで連れてってもらえる」
と、一石8鳥以上もある。

d0117077_1028358.jpg


先日久しぶりに会ったときも
やっぱり二人して家にいる様子で
彼も23-4になってるはず・・・・・

わたしが遊びに行った時でも
ソファーにふんぞり返って
「ねぇ、お腹すいた、晩御飯なに?」って
まるでその家の子供のようになっていたが
あまり長く一緒に居過ぎると
恋人というよりも、もう既に家族の一員。

「パラサイト」?
それとも、「マスオさん」?
やっぱり、養子でしょ、養子!!



追記

使用した写真の家輸送、木造家屋の多いNZではよく見る光景だった。
ここパースはレンガの家が多いので、久しぶりに見て懐かしくなりました。
NZでは家を半分に切って、トラックで運んだり
離島へはタンカーを使って家を水上で引っ張ってました。
船から見たとき、「家がっ、家が、泳いでる!」ってビックリしました。
[PR]
by ellie6152 | 2008-09-06 10:48 | オーストラリア

離婚後の関係


パパラッチのエージェントを経営する元夫婦。
奥さんが従業員と浮気をして
大揉めに揉めて離婚したが
その後も変わらず、仕事ではずっとパートナー。
お互い無くてはならない存在

挙句の果てには一緒に旅行にも行くし
かなり仲良しな不思議な関係なのだ。
結婚していたときよりも
二人ともハッピーなんだって。


そこで、今朝のトークバックラジオのテーマは
「離婚して、いい関係」


d0117077_21574423.jpg


これは、日本では有り得そうだけど
外国ではどうかなー、と思ってたら
変な関係の人が結構いるじゃないのっ!

d0117077_2159388.jpg

まずは、単身赴任中の友人に婚約者の
面倒を頼まれて一緒に住んでいるのは
彼女の元旦那。

???

ややこしいが、こうゆうことだ。
別れた奥さんが、
自分の親友と結婚することになった。
その親友は単身赴任で、婚約者(元妻)のことが心配。
そこでこの二人をよく知っている
彼女の元夫である、自分の親友に彼女のことを頼んだというのだ。

一番、間違いが起きない関係・・・・?
安全な男
という解釈


うーーーん。。。
そうかもしれない

d0117077_21593547.jpg


次の人は
25年連れ添った旦那と別れ
お互い新しいパートナーと共に暮らすが
目と鼻の先に住み、一日2-3回はお互いの家を行き来する。
離婚後にも車や家を買ってもらっている。
別れてからのほうがいい関係だとか・・・。

そんなもんかぁ?

この二人の間に
いったい何があったのか?

d0117077_2201481.jpg


最後に複雑な環境の下で育った娘から・・・。

両親が離婚したが
お互いが、それぞれの新しい結婚相手と
それぞれの連れ子たちと
一つ屋根の下、一緒に住んでる。

・・・つまりだ
この電話をかけてきた彼女には家に
本当のお父さんと、新しいお母さん
新しいお父さんと、本当のお母さん
がいるのだー。

お父さん同士は、会社の同僚でもある。

この娘さんも慣れるまで時間が掛かったが
慣れてしまえば
それなりに便利だとか・・・。

d0117077_2204784.jpg


憎みあって別れる夫婦が多い中
こんな変わった関係も
この世には存在するのですねー。

d0117077_2265019.jpg


ちなみに
離婚の原因で多かったのは
「浮気」でした。

万国共通なんだー。
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-06 22:07 | オーストラリア

先日はバレンタインデー

こちらでは
日本とは反対に
男性から女性へプレゼントを贈ったり
カップルで贈り合ったりする習慣だ


数週間前に婚約したばかりの
ダーリーの美人秘書

婚約指輪は見たことのないような大きさの
3カラットのダイヤモンドリング
d0117077_19401272.jpg

保険会社に保険をかけるのを拒否されたそうな・・・・。

彼女の細い指がボロリと落ちそうなほど大きい


その彼女が婚約者から
バレンタインのプレゼントをもらった。
シャネルのダイヤ囲み時計・・・・
d0117077_19403274.jpg

(このタイプで、キラキラダイヤいっぱいのやつです)

・・・・・う、う、うっ、羨ましいっ!!!

わが家はイベントとは無関係。
貧乏学生に混じって
セルフサービスの安いタイ料理を食べに行っただけ・・・。
ロマンチックとは無縁です。
もちろんプレゼントなんてナッシング!

この違いは何なんだぁ???


バレンタインデーの翌朝
息子を学校に送る車中で流れるラジオ。
いつもの番組のパーソナリティーのバレンタイン話に吃驚!

彼は自慢の奥様と結婚2年目。
早速バレンタインデーにレストランを予約
最初は和やかなムード
食事が終わる頃には彼女はどんどん不機嫌になり
レストランを出て車に乗り込んだ途端
奥さん、
マジ切れ
「プレゼントがなんで無いんだぁー?」
怒り爆発、怒り心頭。
泣く、わめく、叫ぶ、叩く・・・・

外人女性は感情を大放出
感情表現が豊かである・・・・・

でも実はこの彼、
彼女の経営するギャラリーにサプライズで
バラの花束を届けてあったのだ。
d0117077_2056047.jpg


仕事場に着いた彼女
バラの花束を見てゴキゲン

「愛してるわー、ダーリン」

コロリと態度が変わる
で、一件落着。。。。
根に持たない変わり身の早さです。


他のパーソナリティーの女性もコメントで
「バレンタインにプレゼントをあげない旦那なんて信じられない・・・」ってさー。


この話を聞いて思ったよ

「これじやー、結婚生活持続しないよね」


ちなみに・・・・・
わたしの周りの日本人以外の夫婦、
一組をのぞいて全員離婚経験者。
日本人の女性は、こーゆーことで文句言いません。


19年前の、わたしたちの結婚式に参列した
ダーリンの友人カップル(6組)
全滅!!


こちらの男性は大変です
[PR]
by ellie6152 | 2008-02-16 21:11 | オーストラリア

外人の感性とのギャップ


外国暮らしが長くなると
モノを見る目が次第に
外人化してくるのか

それとも

年齢とともに
日本人としての
血が騒ぐのか

日本の古い物に魅力を感じる今日この頃。


シドニーにある
日本のアンティークショップの
ウエブサイトに載っている素敵な家具や美術品たちを眺め
しばしウットリ

その中で

「!!!」

と、思った商品がございましたのよっ!

これらをインテリアとして飾る感覚は
どんなに外国生活が長くなろうとも
日本人には一生分からないものなのかもしれません

d0117077_22121915.jpg

お仏壇の中に
きっとテレビとか入れちゃうんだろうなぁ・・・・
それとも年代モノのスコッチとか
クリスタルのグラスなんか飾るのかしら・・?

ちなみに売約済み

この中に入っていた仏様は
いったい何処へ?


d0117077_22161578.jpg


これはソファーテーブルとかの上に
対にしてオーナメントとして飾るのかしら?

それか、ドレッサーの上に置いて
アクセサリーハンガーとして使うとか?

ちなみに7万円の値が付いてます。


d0117077_22201835.jpg

これには英語で「Boro」(ボロ)って表記が・・・・。

まぁ1800年代のボロなので
価値はあるとは思うのですが
売約済み

疑問なのは
買った人
いったいこれにいくら払ったの?
これを何に使う?

お洒落なソファーや椅子に
Thrownとしてフワリと掛ける?
フォーマルダイニングテーブルのランナーにする?

こーゆーの素敵に
アレンジできる人は
かなりの上級者

わたしには、このアレンジのしかたが
絶対に想像出来ない・・・・

どーも、この元になる着物を纏った人たちの
生活とか人生とか全部ひっくるめて
布の折り目にはさまってる気がして
・・・・怖い


最後に

これには

唖然・・・・

d0117077_22263116.jpg


長い間
多くの人の手で触られたため
顔の凹凸も無くなっているほど
古いお地蔵さん・・・・

外人が
庭に飾りたくなるのは
分かる

・・・・・・けど

こんなの
商品として流通していいのー?
(売約済み)

このお地蔵さん、
道路拡張工事とかで
立ち退きさせられて
引き取り手がいなくて
流れ流れて
オーストラリアで余生を送ることになったのね。

まっ、オーストラリアのあっけらかぁーんの太陽の下
豪邸の素晴らしいお庭で
その家族だけの安全を願う静かな余生は
案外心穏やかで
いいものなのかも・・・・

でも、ここでは
日焼けには気をつけてねっ。

皮膚ガン、
怖いですよー


合掌
[PR]
by ellie6152 | 2008-02-11 22:52 | オーストラリア

オージー消費者の味方



わが家のような
正統派消費者の助っ人
d0117077_16582650.jpg

     「Choice」!


毎月千円の会費で
購入を計画している物の
徹底比較リポートにアクセスできるサービス

d0117077_16594851.jpg


オンラインと雑誌の両方を契約してます。

d0117077_175445.jpg

この会社、口コミと言うよりも
プロの検査員たちが
違うブランドの、似たような商品を
多方面からテストし、情報を公開
お勧め商品の順位も付けてくれるしね。
d0117077_1659818.jpg



さらには
テストで検証した商品の中で
自分が見つけた一番安い価格を伝えれば
それ以下に下がるかどうか
メーカーに直接掛け合ってくれる。


うちは欲しい物はすぐに手に入れたいので
割引とか、事前の値段調査もあまりしない方なので
(買い物はすべて思いつき・・・・)
使ったことはないけど
とても便利なサービス。



別に買う予定がなくても
リポートだけ読んでても面白い。


読んでいて気が付いたのが
値段の高い、名の通ったメーカーのほうが
優れているとは限らないようだ。


安くて聞いたこともないようなブランドが案外良かったり。。。。
Choiceのコメントも、
「高いの買う必要なし!安いので十分です」とかね。


新しい話題の商品の検証とか
d0117077_1714847.jpg


ブルーレイDVDなんて
「ハッキリ言って買う意味無し!」だってさー。



店員さんも商品を勧める時に
「Choiceのお墨付きですよー」
ってフレーズ
よく使用

すっごーく説得力あります。


Choiceは、消費者の立場にたってるので
わたしたちの味方!



ここでの社会的信用度はかなり高い。
[PR]
by ellie6152 | 2008-01-30 17:24 | オーストラリア


昨日は、オーストラリアデー
d0117077_12194563.jpg



毎年のようにスワン川沿いで花火大会
d0117077_12202320.jpg

花火が見物できる道路脇には
見物人の安全のために
フェンスが設置され
ラジオでは街中への交通規制や
アルコール禁止の呼びかけが流れる


通りには、旗を掲げた車や
d0117077_12434966.jpg

家の前での国旗掲揚
d0117077_1244370.jpg



人々の顔や腕に
国旗の入れ墨シールを貼り
国歌を合唱しながら歩く人多し

オージーは案外愛国心が強い



恒例の、国民栄誉賞の授賞式もある。
西オーストラリア州の人たちも
各分野で活躍した人たちに与えられたが
中でも目を引いたのが

75歳と67歳の夫婦の表彰

12年前に
定年退職を機にボランティア団体を設立
d0117077_12222884.jpg

週に6日、毎週1600人の路上生活者に
食事を提供しているのだそうだ。
ホームレスの間では
「お父さん、お母さん」と慕われている。


さらに5年前からは
満足に朝食を与えられていない子供のために
パースの6つの学校で
ヘルシーな朝食を650人の生徒に提供している。
d0117077_12245352.jpg



その間にも
耳の聞こえない息子を含めた
6人の子供たちを育て上げ
さらに12人の子供の里親となり養育
d0117077_12225597.jpg


現在は200人のボランティアの人たちの力を借りながら
チャリティー活動を続けている。


奥さん、ボランティア歴57年

d0117077_12321186.jpg




研究者や技術者、会社社長に混じって
こんな夫婦が表彰されるって
ちゃんと評価されてるみたいで嬉しい。


愛国心って、こやって育まれてゆくのかなぁ・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2008-01-27 12:47 | オーストラリア


先日、家族プラス息子友人と
何気に入ったフードコート


異臭を放つ浮浪者約一名
d0117077_12234514.jpg

それぞれのお店の前で立ち止まっては
食べ物を見つめ
諦めた気配で去ってゆくことを繰り返す


見かねた店のおばちゃん(中国人)が
お水のボトルを差し出し
外で飲むように言って追い出した
d0117077_12255449.jpg

ガラス張りの店の外で
お水を飲むおじいさん


立ち上がるダーリン
おじさんの座ってる外の席へ行き


ダーリン 「何が食べたいの?」

おじさん 「寿司・・・・・」

ダーリン 「何のお寿司?」

おじさん 「シーフード」


早速ダーリンはお寿司を買って
外にいるおじさんに手渡す
(おじさんはグルメ・・・・)


おじさん 「やっ、すまんのう・・・・」
d0117077_12284835.jpg



ダーリンはよく浮浪者に食事を提供する
だいたい1000円位


お金は渡さない

なぜなら・・・・・

お金があると、食べ物よりも
タバコやお酒や薬に消えてゆくから


今年もクリスマス恒例
救世軍による恵まれない人への食事の配給

温かいクリスマスディナーが食べられる
クリスマスケーキも付く


この救世軍のボランティア
わたしも興味があったのだが
友人に言うと


「ダメダメ、もう完全に遅すぎ!」


ボランティアスタッフは競争率が高くて
毎年クリスマスの日に翌年の希望者を募り
その日のうちにリストが埋まる

狭き門・・・・

キャンセル待ちだそうだ



オージーの友人家族も全員
ボランティア精神が強く
親族間で決めたクリスマスプレゼントの廃止制度


その代わり
ひと家族1万円を寄付にまわしている
ウガンダに、援助している子供もたくさん


キリスト教の奉仕の精神が根底にある
d0117077_12272639.jpg



仏教の教えには共感するけど
お寺にとって非課税の高い戒名料とかお経代とか

地獄の沙汰も金次第


私から見て
お金を払わない人には用は無い
排他的、内向的な印象がある

d0117077_12303993.jpg

キリスト教はその点
どんな身なりの人にでも
信者でなくても
求める者には手を差し伸べる


門戸は、いつでも開いている



わたしは無宗教者だけど
真理という点においては
キリスト教を支持する気持ちのほうに傾くなぁ・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-29 12:46 | オーストラリア

怖いハエ



オーストラリアと言えば


d0117077_20365547.jpg

            「コアラ」

d0117077_20374622.jpg

           「カンガルー」

d0117077_20582712.gif

           「クロコダイル」

それに・・・・
d0117077_20413773.jpg

            「ハエ」

オーストラリアに足を踏み入れたことがある方ならご存知だろう。
(夏だけの期間限定。。。。)



あの払っても払ってもメゲナイ
不快なハエ軍団

一度に30匹くらい
集団アターック!!


イメージ的に「でっかい」感があるのだが、
実際は「ちっちゃい」小バエ。

すばしっこい。

分身の術を使ってるみたいで
余計にたくさんに襲われている気になる。


サイズが大きめのハエは
あまり人間に興味がないらしい。
動きも心なしか
のっそり・・・・


小バエは、顔の周りをブンブンするのが大好。


特に人間の、「目」「鼻」「口」周辺



外ではみんな
片手を顔に、拝むような手つきで
その手を、左右にパラパラ

勝負デート中や
テレビに出演していようとも
エリザベス女王にお言葉を頂いている時でも
パラパラは許される


オーストラリアのハエは
Bush Flyというもので
特にメスのハエが
産卵に必要なタンパク質を摂取するために

「涙」「鼻の粘膜」「唾」に群がる


さらにオスがメスに群がるので
必然的に団体様ご一行


「小さいハエはしつこい」、とは本当で
体が小さい分、それだけタンパク質に飢えている。


子供の時に欠食児童だった為
「今に見てらっしゃい。大きな子供を生んで見返してやるわー!」

女の意地がかかってます



ハエを侮ることなかれ!
実はとても怖い存在なのだ。


以前飼っていた、今は亡きビーグル犬
d0117077_2053121.jpg

「パンダ・ホッテントッド」ちゃん。
(血統書に書かれていた名前)


パースに引っ越してきたある日
ふと見ると
ビーグル自慢の大きな垂れ耳が破れ、
が見え、が出ているではないか!?


いったいどうしたことか・・・・?
どこの誰が・・・?

それに群がる大量の黒いハエ軍団。

パンダ、ピーンチ!

大急ぎで獣医さんへ



原因は、引っかいてできた耳の傷に
大量のハエがたかり
いっせいに血を吸う

それを阻止しようとして、耳を掻く
もっと傷口が広がる悪循環

血は、たんぱく質が豊富。
ハエにとってはご馳走です。


早速傷口につける薬を頂き
外出禁止令も発布



トイレのたびに外に出すと
どこからともなく奴らは現れ
パンダの耳に群がろうとする。


「パンダの仇!」


ビシッ!!

力いっぱいハエたたきでつぶすと
血が・・・・・

つぶれたハエから血が出た!



奴らはどこかに隠れて
ずっと獲物が出てくるのを待っているのだ。



ひゃーっ!!

恐ろしやー、吸血バエ
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-19 21:13 | オーストラリア

偉大なるオージー


1ヶ月半前に契約したケーブルのプロバイダーから、ウンともスンとも言って来ないまま月日が流れた。


電話セールスマンの熱意に負けて
ドリンク+ポテトのセットがお得、に似た「インターネット+電話」同時契約セット特別キャンペーンにしたが、電話のほうが先に繋がり、オマケのペアのコードレス電話が送られてきた。
でっ、高速ブロードバンドはどこ・・・?
d0117077_17265665.jpg


先日初めて電話の請求書を受け取った。

「なぬっ?日本へ46分通話で1600円?」
「国際電話特別チャージが月に500円別途請求???」


はっ、話が違う・・・・・。
確か1分間3円のはずで、別途でチャージは無しと言われたのが契約の決め手。


速攻で抗議の電話。

担当の人、
「おかしいですね、日本へは格安通話料金は適応されません
「ケーブルの契約は承っておりません
とどめは、「ケーブルはお客様の地域には通ってません
否定形3段フル活用!

ああーっ、信じた私がバカだった・・・・・。


契約担当者のあの自信に満ちたケーブル売り込みは、いったい何だったのだろう・・・?
わたしの手元に残っている、契約番号は何処へ・・・・?


ガイジンはみんなオレ様主義

おまけに、いつでもどこでも文句を言っている(権利の主張とも言う)。

なのでその本人に直接、または文書で責任者宛に正式に抗議しないと意味が無いのである。
それ以外の人間に文句言っても、「わたしじゃありません、悪いのはっ!」って知らん顔。
挙句の果てには開き直り、マジ逆切れ



わたしはマクドナルドで、「お釣りが違う」と指摘したら足りない分を投げてよこされた。
d0117077_17282665.jpg

(怒りでピントも合わない)

完全に切れた私 「マネージャーを出しなさい!」With 腰に片手

スゴミ増した相手 「マネージャーはわたしだっ!!」With 両手を腰


次の瞬間、相手は忽然とわたしの目の前から消えた。
(家へ帰ったようで、他の従業員も目が点)


カウンターに取り残されたわたし。

ま、負けた・・・・


あんまり腹が立ったので、シドニーにあるマクドナルドのオーストラリア本部に抗議の電話。

あーなって、こーなって、と説明しているうちに激昂するわたしに、
「それはヒドイですねぇ・・・」って同情的だ。

ありがとうよ、おねえさん!

・・・・・・・ん、ちょっと違くない


わたしぐらいじゃ世の中変わらない。


ホント、すごいよー、オージー!
[PR]
by ellie6152 | 2007-07-15 17:41 | オーストラリア