海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:家( 3 )

パースで家を借りる時

パースの家賃は、他のオーストラリアのメジャーな都市と比べればまだまだ安いが(月平均家賃約12万円くらい)、それでも不動産価格の高騰と共に上がっている。d0117077_11241188.jpg

不動産の値段が上がるので、家賃も上がるのは仕方がないが、問題なのはパースのバブル景気もあり、人口が増加の一方を辿っている。
人口が増えれば住宅の需要が増えることになるのだが、それに供給が追いついていないのが現状だ。

自分の家を持っていない人は、不動産価格の急騰で「夢のマイホーム」はどんどん遠のいて、結局いつまでも賃貸生活。
借り手の数が空き家を上回り、住む家が無くなるかもしれないホームレス状態の不安を抱えている人たちも出てきているのだ。

一つの物件に何十人もの希望者が殺到し、家賃がオークションにかけられる家も出たり、希望者が一年間の家賃前払いを申し出たり、提示されてる家賃にプレミアムを付けたりといった信じられないことも起きている。
皆必死なのだ。

不動産業者も一人づつ見せに連れて行くほど暇じゃないので、「Home Open」という一般公開にして、その場で希望者のリストを作り選別するのである。
このHome Openの時間帯が、だいたい水曜日の午前10時頃が多いので、その日のその時間に行けない人は申し込みすら受け付けてもらえないという事態になる。
リスナーがラジオで「ボクはトラックの運転手で、妻は学校の教師。家を借りるためには仕事を休むしかない。」と嘆いていた。

申し込み希望者が多いので、借り手で一番不利になるのが学生、シングルマザー、小さい子供の居る家庭、無職、ペット有りの人たちだ。
犬の居る家族は、一軒家でも「ペット不可」が多いのでとても不利。
貸し手としては、最も家をいい状態に保ってくれそうな人に貸したいからだ。

そういう弱者たちは結局貸してくれる家も無く、家賃も高くて払えなくなったりで、キャンプ場のトレーラーに住むしかなくなる。
国も社会的弱者の為の賃貸住宅不足を解消するため、国営賃貸住宅を増やす予定だが、今すぐに解決するとは思えない。


通常パースで家を借りる場合は、新聞やインターネット、不動産屋さんで見つけるのが一般的だが、不動産屋を介入させた場合、まず来店しその日の朝に作成された賃貸不動産住所リストを入手し、自分の車で勝手に現地に行き、中が見たければ不動産屋に戻り、運転免許証とデポジットを(5千円ぐらい)払ってその家の鍵を貰い、また自分で運転してその鍵で勝手に家の中に入り、勝手に物色して鍵を閉めて不動産屋に戻り、鍵を返却してデポジットのお金を払い戻してもらうというフザケタことをさせる業者が多いのだ。
これには驚いた。

さらに不動産屋も借りる人には非常に無愛想で、ほとんどの人が感じ悪いのだ。
彼らにとっての客は、借り手ではなく貸し手だからなのだが、借り手が将来貸し手に変わるという可能性を全く頭に入れていない。

自分で貸す側に回った時、そのシステムを採用している不動産業者には絶対に任せたくなかった。


パースで家を借りるのは、今一番大変な時期かもしれない・・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2007-06-01 11:24 |

パースの不動産バブル

オーストラリアで一番家が高いのは、パースがシドニーを抜き一位になった。

パースの家の平均価格がAU$509,000(約5100万円)。
一年間で1400万円のアップだ。
平均で見ると、収入の39%が家のローンの返済に充てられ、ローン返済額の平均が1世帯月額30万円を支払っていることになるそうだ。

オーストラリアでは家を買う人がStamp DutyというTaxを国に支払うのだが、これが州によって、さらに家の値段によって決まる。
パースの家の平均価格だと、家の値段に200万円近くの税金が上乗せされ、ローンを組むとローンの金額自体にも税金がかかる仕組みになっている。

家を買う場合は家の値段だけではなく、これらの税金を忘れてはならないし、引渡しをした時点からの固定資産税や水道・下水道税(地方税)も購入時に支払う。
わが家の管轄の固定資産税はすごく高く、年間20万円の請求が来るし、水道税(使用量別)も年間10万円支払っている。

家のローンの金利も7-8%するので、この不動産高騰の折、金利の支払いだけでもかなりの額になる。

ローンの審査は日本と比べると至ってシンプルだ。
どこでも借りて欲しいので、わが家の場合などは銀行が自宅に都合の良い時間に来てくれて、書類も全て揃えてくれるので、サインするだけで終わり。
1週間ぐらいで審査が通る。

それに比べてNZの銀行はとても迅速で、どこの銀行でもだいたいローンの審査は24時間以内で下りた。
オーストラリアは遅いなぁと思っていたが、日本の住宅金融公庫などはもっと審査も複雑だし、お金を借りるのも面倒な手続きが必要なのだろう。


家を購入することは確かに人生の大きな買い物であると思うけど、こちらでは売買が頻繁に行われているので、左程プレッシャーも大きくない気がする。
わが家の過去に買った家は全て初めて見たその場で買ったし、先日国外にダーリンが買った家などは、インターネットで見つけて買ったので二人とも一度も見ていない。
ダーリンが自分で書類をチェックしてメールでチョコチョコやって商談成立。
お金の移動も銀行間の電子マネーなので、現地に行かなくても見なくても家は買える。
ちなみに現地の不動産鑑定士とか大工さんとかの検査とか、家の登記簿とかの確認などは事前に専門家に頼むので安心だ。
不動産屋さんに家の管理を依頼してあるので、今は人に貸している。


わたし自身も初めて自分の家を買ったのが独身の24歳の時、父にオークランドで一軒家を買ってもらった。
ダーリンは19歳の時に初めて家を買ったそうだ。
二人ともキャリアだけは長い。
[PR]
by ellie6152 | 2007-05-31 19:46 |

我が家のプール

パースの夏は暑い。
そして空気も乾燥している。
さらに住宅の敷地面積も広いとくれば・・・・、プールなのである。

ここパースではプールのある家が多い。
日本人にとってはお金持ちの象徴=Myプールも、こちらでは特別でも何でもないのだ。
クーラーがないけどプールはある家もあるので、Myプールは暑さをしのぐためだったりする。

以前パースで、1012㎡(300坪くらい)の敷地に家を建てたことがある。
敷地が広いのでプールを作ったが、12万リットルの水が必要だった。
通常の2-3倍の広さと容量である。
このメンテナンスが大変・・・・。
プールの水って減るのだ!知らなかった。
表面積が広いので、暑ければ水が蒸発するって当たり前なのだが・・・・・。
結局いっつも水を足さなければならないし、自動水質検査と薬品注入機は取り付けてあたっが、毎回必ず泳ぐ前に自分で水質検査をするし、プールの底をはいつくばってる自動掃除機が稼動してても、水面に虫やゴミが飛んでくるので掃除も大変なのである。
浮いてる落ち葉は網ですくわないといけない。
風が強いと止めたくなる。
d0117077_2285275.jpg
カエルが住み着いたり、鴨の夫婦が居ついたりすると見る見るうちに水が濁り、どんどん薬品を投げ込まなければならない。
それに追っ払うのも大変だ(殺すわけにはいかないでしょ・・・・)。
初代「シロとクロ」は暑くなると、ザッブーンとプールに飛び込み体を冷やしていたが、ある日どんなに薬品を入れても濁りが取れなくて、だんだん緑色になってきた。
犬は雑菌の塊で、犬一匹が人間20人くらいのバクテリアを抱えているんだそーだ。
プールの業者を呼んでまた違う薬品をバンバン入れ込んで、特別な掃除機のアタッチメントを買ってきて底にこびりついたバクテリアの屍骸(コケみたい)を吸い込んで大掃除。
深いところで2.5Mの水深があったので、本当に大変だった。

フィルターは最低毎日8時間は稼動させるし、プールに埋め込んだライトの電気代、水道代に薬品代、プール業者への支払いに、何といっても毎日の労働力。
大きいということは、それだけコストがかかるということなのである(メンテナンスで毎月万単位が水の中に消えてった・・・)。

大雨が降ったら降ったで今度は水が溢れてくるので、雨の中水位を下げなくてはいけなかった。
家を売った後でも大雨の日、夜中にダーリンがガバッっと起き上がり、「水、抜かないと!」と寝ぼけることがあった。

たしかに夏の暑い日の夜、素っ裸でプールに飛び込み火照りを冷やすのはMyプールの特典。
それでも「もう大きなプールのある家はこりごり」ってのが本音。
売れた時にはホッとしました。

d0117077_13134242.jpg半年前に買った投資用の家(賃貸目的)に、古い大きなプールとジャグジーが付いていた。
テナントもメンテが大変だろうと、埋めるために見積もりを取ったら200万以上!
プールの改築だと200万以内でおさまるとの事で、結局古いコンクリートにグラスファイバーをコーティングして直すことにした。
物価が上昇しているので、現在そのくらいのサイズのプールを新しく作るとしたら500万はかかるという。

Myプールはここでも贅沢の象徴になってきたようだ。
[PR]
by ellie6152 | 2007-04-26 13:17 |