海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:パース( 35 )

Chinese New Year Party


チャイニーズ・ニューイヤー・パーティーに行ってきた。
場所はBurswood Hotel のパーティー会場。

主催はパースの中国人会で
今年で設立100周年を迎えるそうだ。
d0117077_1658573.jpg

会場には500人ほどのゲストたち。
中国人70%・白人30%という比率かな。。。。

定番の中国の獅子舞
d0117077_16584621.jpg

仲間内で買ったわたしたちのテーブルは
元エアラインパイロット夫妻
歯科医の夫婦
鉄鋼会社会長と中国人の奥さん
ダーリンの親友の投資家は中国人で奥さんはオージー
日本人のわたしとダーリン。
白人6:アジア人3
d0117077_1659342.jpg

歯科医夫婦は来週の火曜日より北海道のニセコへスキー休暇
混浴温泉に意欲満々
温泉の正しい入り方を講義して差し上げました。

元パイロットは
「千歳空港での着陸は凍ってると滑るんだー」と。。。

うぅーーーん、ナルホド!

わたしのお隣の鉄鋼会社の会長は、中国通のオーストラリア人
中国のお料理や、中国語の発音を教えていただきました。
d0117077_1701466.jpg


印象的だったのは、一品目のお料理。
7色のサラダで
司会者の方が、
「さー、皆さんお箸を持ってご起立ください!」
わたしは「????」
そして「3.2.1」の号令と共に
円卓を囲んでいるメンバー全員で、お箸を使ってサラダを混ぜる!

混ぜるのに夢中で写真撮り忘れです。

バーミせり
生姜
金糸卵
コリアンダー
ワンタンの皮のフライ
にんじん千切り
サーモンのお刺身
くらげ
だいこんの千切り
白ゴマ

おしょうゆベースの甘酢仕立てのドレッシング
ベトベトして甘かったので、蜂蜜が入っていたと思う。。。。
初めて食べる味でした。

昨晩のメニューは

サラダ
きのこのスープ
大海老・カシューナッツの炒め物
バラマンディの蒸し焼き
ブロッコリーとしいたけの炒め物
鳥のから揚げチリソース
フライドライス
焼き鴨のプラムソースがけ
マンゴープリン

など等

このホテルの中華レストランYuが作ったと思うので
パーティー食としては、かなりの質の高さでした。

お食事中は食べるのと飲むのとお話に夢中で
写真撮るのを完全に忘れてました。。。
反省


ダンス会場が次第に中国人の大カラオケ大会に変わり
頃合いを見て抜け出しました。

帰宅は深夜12時過ぎ。。。

なかなか面白い体験でした。
[PR]
by ellie6152 | 2009-02-01 17:02 | パース

ロットネスト島


パースのフリーマントル港から
フェリーで25分
d0117077_15474091.jpg

(このフェリーに乗ります)
d0117077_15481773.jpg

(中はこんな感じ)

d0117077_15492369.jpg

綺麗なビーチがたくさんの
ロットネスト島に友人家族を連れて行った
d0117077_15495246.jpg


島内は
自転車、観光バス、徒歩のみが交通手段
d0117077_1612596.jpg

(パースの街が見えます)

ここに生息している
有袋類の小動物クオッカも
そこら辺をウロチョロ・・・・
d0117077_1641198.jpg

(リスみたいです)

d0117077_16271463.jpg


島巡りは、やっぱり自転車!
d0117077_15502276.jpg


チャリが駅までの足で
毎日乗りこなしている友人家族の後を
自転車は2台持っているが
最後に漕いだのは半年以上前のわたしが
必死で付いてゆく

ゼーゼー、ハーハー
やったぁ~、やっと灯台到着!
d0117077_15533687.jpg



25年来の友人と
あの頃のわたしたち位の年齢に達した子供達と
一緒になって
必死になって
坂道を漕ぐ

友と、一緒に過ごせなかった21年間や
その間に起こった
お互いの色んなことなんて
キラキラ光る海の上に置き去りにして
灯台目指す

上から見える海の青さや
頬をくすぐる優しい海風が
年月や距離を忘れさせてくれる

d0117077_1620434.jpg



みんなで一緒に
目的地に向かって
必死になるのって
こんなに気持ちがいいんだねー


自転車で周るロットネスト島

初体験!
[PR]
by ellie6152 | 2008-04-08 16:27 | パース

ワイルドライフパーク


日本から、
大学時代の友人が
二人の子供を連れて
遊びに来た

母も滞在中なので
わが家は一気に大盛況!


現地3泊という強行日程なので
どこを見せるか、何をするか
頭を悩ませる・・・・


初日は早朝パース入りし
少し休んで
午後から行った

Caversham Wildlife Park

d0117077_17513494.jpg

ここで、カンガルーや
d0117077_17521181.jpg

コアラに触れるし
d0117077_17523515.jpg

ラクダにも乗れるし
d0117077_17532074.jpg

ウォンバットにもよしよしできちゃう

d0117077_17563479.jpg

動物がたっくさん!
d0117077_17543426.jpg

実際に触れるし
d0117077_1822264.jpg

餌もあげられる
d0117077_1755853.jpg

(かわいいっ!赤ちゃんカンガルー)

獰猛なタスマニアデヴィル
d0117077_17575310.jpg

(触れません・・・・)


普段は行かない観光地って
たまに行くと面白い!
[PR]
by ellie6152 | 2008-04-07 18:11 | パース

フリーマントル刑務所


8年ほどパースに住んでいて
さらに、家から車で20分なのに
なかなかフリーマントルへ来る機会が無い。

d0117077_18214738.jpg


せいぜい年に2-3度・・・・
d0117077_18221477.jpg


なぜかここへ来るのは
日本から、客人が来た時だけのような
特別な場所になっている

d0117077_18225389.jpg


近くのDog Beachにはよく来るのに・・・・
街になかなか足が向かない


ラーメンを食べに行ったついでに
母と一緒に参加してみた
フリーマントル刑務所ツアー
d0117077_18232414.jpg


もちろん
母もわたしも初訪問

ナンにでも興味を示すお年頃(?)ゆえ
このような場所でも
とても興味があるのだ

アデレードに行ったときも
バスを乗り継ぎ
わざわざ古い刑務所を見に行きました

d0117077_1824192.jpg

がっ、

一歩、足を踏み入れて感じた
イヤぁーな空気・・・・・

d0117077_18243735.jpg

亡くなった人の霊というよりは
この中で生活していた人たちの
恐ろしいほどの
「負のエネルギー」に圧倒される

d0117077_18253679.jpg


足の感覚は無くなるし
体もだんだん重くなる

d0117077_1825865.jpg


息子のお迎えの時間もあり
ツアーの最後の
死刑執行所には行かなかったが
行かなくてよかった思う


家に着いてもまだ
肩にのしかかる「負のエネルギー」

d0117077_1826527.jpg


家に入る前に
体を念入りにお塩で清めて
やっと普通に戻りました。


夜のツアーもありますが

霊感の強い人には
お勧めしません・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-30 18:38 | パース

パースのラーメン


母と一緒にあちこち歩く

観光客で賑わう
フリーマントルマーケットへ!
d0117077_17424827.jpg

d0117077_1747277.jpg


一度は食べてみたいと思っていた
マーケット内のラーメン屋さん
d0117077_17433320.jpg

「どすこい」
d0117077_17435689.jpg


間口が狭く
席が少ないことや
週末のみの営業ということもあり
なかなかその噂のラーメンを食べる機会が無かった


念願かなって
初パースラーメン!
d0117077_17444983.jpg

チャーシュー麺をオーダー($9 = 約900円)

量は少なめ
スープは濁ったしょうゆ味
とんこつ&鶏がら+野菜のエキス入りと見た
d0117077_17452039.jpg

お味は・・・・・

スープにコクあり
チャーシューはローストポーク系手作り
麺は太目の縮れ系でシコシコ
d0117077_17454555.jpg

満足な味!

スープもチャーシューも手間隙かけて作られた
丁寧な味がしました。

麺は輸入品ではなく
オーストラリアで作っているそうです。


ごちそうさま
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-29 17:49 | パース

パース、日曜朝の光景


多くのパースっ子は、
日曜日の朝を外で過ごす

わたしたちも今朝は
シロクロ様をDog Beachへお連れする為
早速車に乗り込む
d0117077_12571597.jpg


いつもの道路は
サイクリングレースイベントの為
通行止め
d0117077_12575997.jpg


迂回路としてKings Parkへ
d0117077_12584678.jpg


途中、ダーリンが面白い所へ
連れて行ってくれた
Jacob's Ladderの異名を持つスポット
d0117077_1315476.jpg


通り抜け禁止の住宅街を入ると
なにやら人がたくさん・・・・・
d0117077_1324233.jpg


ウォーターボトル片手に
トレーニングウエァを着た健康オタクっぽい人が
その場所へと、どんどん引き込まれてゆく

まず、目に入るのは素晴らしい朝の風景
d0117077_1351479.jpg


そして下を見ると・・・・
d0117077_1355665.jpg

大混雑の急な長い階段!

しかぁーし、彼らはここを
下の道路へ抜ける通り道として
使っているのではなく
エクセサイズを目的として
何度も上ったり下りたり
d0117077_13101195.jpg


そこからの風景はなかなかのもの!
d0117077_13111634.jpg

d0117077_1311427.jpg


ダーリンの事務所では、週に一回
専属トレーナーを雇って
有志社員がここでトレーニングを行っている

さて、下はどうなっているかというと・・・
d0117077_1314262.jpg

d0117077_13134111.jpg

下りたとたん、また上がる。。。


週末朝のKings Parkは大賑わい
d0117077_13175978.jpg

この公園内には他にも
DNAタワーと呼ばれる魔の階段もある
d0117077_13155063.jpg

これもかなり疲れる


DogBeachも
エクセサイズする犬たちで大賑わい
d0117077_13212717.jpg


パースは狭い社会なので
必ずと言っていいほど、知り合いに出くわす
d0117077_13224196.jpg

人間も犬も井戸端会議


パースの週末は
動物も人間も外で
健康的に過ごすのが、いいみたい

シロクロもゴキゲン
d0117077_13351336.jpg

[PR]
by ellie6152 | 2008-03-09 13:36 | パース

ゴミは人を語る


半年に一度の粗大ゴミの日
d0117077_16535014.jpg


要らないゴミを家の前に置いておくと
市が回収に来ることになっている

d0117077_17171528.jpg

わたしの住む地域も
週初めが回収日だったが
市はなかなか回収に来ない

だいたい予定日の一週間後の回収

これにはきっと意味があるはずだ

回収前に一般公開して
欲しい人が持ち去れば
ゴミも少なくなるから
・・・・・かな?

だって、実際に粗大ゴミの時期になると
ゴミハンティングの戦利品山積みトレーラーや、トラックをよく見かけるし
捨てたゴミは
出した瞬間争奪戦になったり
「後で取りに来るら、保管しておいて」と
お取り置きを頼むチャッカリな人もいる

粗大ゴミは宝の山
宝探しのイベントなのだ!

自分のゴミは他人の宝

d0117077_172524.jpg



手先が器用な友人は
壊れたジェットスキーを見つけ
自分で直して
5万円ほどの利益を得た
家族総出の大プロジェクト


日本と違って
リサイクルや中古売買が盛んな国
まず、売れる物はお金に換えるので
実際外人の出すゴミは
日本人からしてみると
煮ても焼いても食えないただのゴミ・・・・・
d0117077_17181098.jpg


ダーリンが日本に来ると
目を輝かせてゴミを見
「これも捨ててあるのか?」
「アンビリーバボー!!」
の連呼

粗大ゴミは日本では
お金を払って引き取ってもらう
という話は、よく状況が理解できない・・・・


d0117077_1701797.jpg


捨てられているモノも、よーく見てみると
そのゴミの持ち主を連想させるので面白い

バイクマシーン!・・・・
d0117077_16484222.jpg

これでこの人は痩せられたのか?
とか
痩せなかったから、頭にきて捨てるのか?
それとも酷使しすぎて壊れたとか・・・
こんなのは、やけに想像力をかき立てられるシロモノだ


以前、息子が拾ってきた空き箱は
日本のなんとか焼きのもので
ご丁寧にも日本語の説明書や
デパートの包装紙まで入っていた・・・・


日本人の捨てたゴミか
それとも
日本のお土産の残骸?


ああー、ゴミから妄想・・・

半年に一度の密かな楽しみです
[PR]
by ellie6152 | 2008-03-08 17:23 | パース

今年の夏は、暑いです!


最近のパースはやたらと暑い

なんか蒸し暑い!
(日本の夏ほどではないと思うけど。。。)
d0117077_13243166.jpg


なんでも、1月の平均気温は
この16年間で一番とのこと。

どぉーりで・・・・・。
d0117077_13245221.jpg



パース一般住宅のエアコンで多いのが
水冷空調システム

屋根の上に大きなユニットがあり
外から取り入れた風を
一旦水に当てて
それぞれの部屋の天井にある送風口から送ります
d0117077_13343122.jpg

        (こーゆーのが各部屋の天井に・・・)

キンキンに冷える日本のエアコンは
締め切った部屋の中の空気を冷やし
除湿するので
原理としては逆なんでしょうね


水冷システムだと
確かに涼しいのですが
気温があまりにも高かったり
湿度が高いと
あまり快適とは言えない気がする・・・・。

d0117077_13412339.jpg


最近夜、どうも寝苦しい

そこで、
常時16度のエスキモー
ダーリンの寝室へ避難
d0117077_13403988.jpg

(この部屋のエアコンは日本式を付けました)

彼のクィーンベッドの隣に
スペアのシングルベットを置いて
山のようにお布団かけて
顔だけ寒くて体は暖か

このヌクヌク安眠生活に慣れると
元の生活に戻れません。

ダーリンから
エスキモークラブの準会員として
迎えられました


寝苦しそうな息子も誘って
もう一つシングルベッドを追加して
さらに犬のベッド入れて
ダーリン部屋にベッドが4つ・・・・・

チェストも書斎に移動。
ワードローブのドアーはベッドで塞がれ
開かずの間状態

親子3人+犬一匹
合宿所のような部屋で寝る・・・・・。


暑さからの罹災者たち


d0117077_1342791.jpg


家族みんなで
一緒の部屋で寝るなんて
スペシャルイベントみたいで
わたしは気に入っているけど

最近、
「僕にはプライバシーが必要だ!」
わざわざ暑い自室に戻って寝る
ティーンエージャーな息子。


親離れ?
お年頃??


可哀想なので
彼のベッドルームに付ける
日本式エアコンを買いました


喘息&埃アレルギーの持病のある息子にぴったりの
「富士通プラズマ」
d0117077_13424067.jpg

マイナスイオンをだして、脱臭までしてくれるそうだ。
なんて親切!

日本では当たり前だけど
こちらでは新製品。


14歳の部屋は若者男子臭・・・・。
おまけに部屋でスナック菓子をむさぼるので
言葉では形容出来ない臭さ。
あまり彼の部屋では息をしないように努めている。
シロクロのお口のほうが
まだいいにおい。


エアコンが冷やすだけでなく
消臭して、おまけに綺麗な空気に変えてくれるなんて
まるで夢のよう・・・・・。
(さらに片付け、掃除、洗濯もしてくれたらもっと嬉しいっ)


明日が工事予定
[PR]
by ellie6152 | 2008-02-03 13:52 | パース

パースお勧めレストラン


最近連日、外ディナー

その中の2軒は
このパースでも、お勧めできる味とサービス。


ひとつは。。。。
Inter Continental系のHotel、Burswoodにある
新しいレストラン、(a)lure
d0117077_1004253.jpg

プールを見下ろす形で作られてます。
(以前家族3人、ここのスポーツジムの会員でした)
d0117077_1012618.jpg


レストランは結構混んでて客層もお洒落。
お値段はそれなり・・・・かな?

レストラン内、写真を撮れるような雰囲気ではないので
残念ながら証拠無し。

わたしとダーリンで
前菜は大皿寿司&刺身盛り合わせ
なぜか付け合せのガリの横に
お上品に紙のようにスライスされたタクアンが4切れ。
あまく煮付けたしいたけ・・・・。
チラシ寿司の具だけといった按配。
このミスマッチ(?)感は、いかにも外人が作ったって証拠です。

それにシーザーサラダ。
かなり小ぶり。
ドレッシングのとろみが濃く、レタスのサイズが小さいので
ちょっと絡みすぎ?
それともこれが今の流行・・・・・?
d0117077_10125239.jpg

メインには、
本当は和牛(Wagyu)ステーキを頼みたかったが
MarketPrice(時価)ってあったので
恐る恐る聞いてみたら。。。。。
ステーキのお肉だけで1万1500円
それも付け合せの野菜無し!

撃沈させられ、すごすごと
フィレステーキとロブスター(5千円)
わたしとダーリンで同じものをオーダー。

肉の質、焼き方、ソースなど
かなりの腕のシェフとお見受けした。
和牛をトライしてみてもよかったかなー。

ステーキを上手に焼くのは、プロでもすごく難しいです。
特に超厚切りは・・・・・。
でもパーフェクトな焼き上がり。
お肉もジューシーで柔らかかった。

ソースも深みのある味わい。
赤ワインとバルサミコ仕立て。

ハーブ入り焼き立てパンも
オリーブの添え物があって美味

ワインリストも充実してるし

大体二人でワイン1本にデザート込みで
合計3万円でお釣りが来るくらいです。



その翌日、今度はOZの友人と
行きつけのインド料理店へ!
d0117077_1033371.jpg


ここの料理、安くてすっごく美味しい
店内も掃除が行き届いてるし
カトラリーや食器、グラスもまぁまぁの質。
ショッピングセンターに併設してるのに意外です。
値段のわりにサービスもみんな感じがいいし。

ここのヘッドシェフは、何を隠そう
銀座のアショカで働いていた人で
引き抜かれてパースに来た、日本語ペラペラのインド人。

わたしも25年くらい前の学生時代に、よく通ってました。
あの当時はインド料理も珍しくて、結構いいお値段だったなぁ
学生だったからかな・・・・?

でっ、彼の作るチキンキーマ(鳥ひき肉とグリーンピースのカレー)は
パースではたぶんここでしか食べられない。
まさにアショカの懐かしい味。

わたしはいつもチキンキーマと
ほうれん草のカレーと、えびのカレーを必ず頼みます。

メインが一皿1500円ー2000円。
これは、物価高のパースでは安い!

ナンもちゃんと釜で焼いた本格派。
パースで一番美味しいナンだと思う。

場所は、Willetton の Southland Shopping Centre
d0117077_104497.jpg

レストランの名前は、Elephant Hutです。

パースにお住まいの日本人の方。
是非是非、一度、お試しくださいませっ!!
[PR]
by ellie6152 | 2008-01-26 10:21 | パース

Dwellingup、再挑戦!



懲りもせず、Dwellingup再訪!


前回運転士不在のため
涙を飲んで諦めた「汽車に乗るぞぉ!計画」
d0117077_1130395.jpg

これが金曜日のこと。


赤土で、真っ赤に染まった愛車を洗う前に
やはり行っておくべし!
d0117077_1132368.jpg

翌々日に息子と共に再挑戦(ダーリンは週末も仕事で不在)
今度はしつこいくらい、何度も電話で確認。

自ら犯した過ちからは、きちんと学ぶ。


流石に2回目ともなると
田舎道運転も慣れたもの。
d0117077_11352458.jpg

遅い車はバシバシ抜かし
前回よりも20分近くも短縮。

こーゆーのを「上達」と呼ぶのだろうか?


肝心の汽車なのだが・・・・・。

10月に「日本縦断グリーン車2週間電車の旅」を経験した私たち。
だいたい、電車大好きの私ら親子は
この手の乗り物アトラクションには必ず乗るが・・・・。
d0117077_11144519.jpg

d0117077_11174827.jpg


まぁ、ちょっと写真を見て判断していただくことにしよう。
d0117077_11182455.jpg

d0117077_11134216.jpg

・・・・・・
d0117077_1115189.jpg

・・・・・・
d0117077_1120669.jpg

・・・・・・
d0117077_1121063.jpg

行けどもいけども何もなく
写真を撮るには撮ったけど
あまりに何もないので、カメラも仕舞ってしまった。

・・・・・ちょっと痛い風景


30分かけて来た同じ道を(時速30キロ)
帰りも同じ速度で走る。

乗った感想は、
哀愁と同情を誘う風景


ひとつ思ったのが、
多くの木に焼け焦げの痕があること。
d0117077_11213548.jpg

Dwellingup一帯は、
何度も大規模な山火事の被害を受けている。


アメリカ人観光客らしい人たちも乗っていたが
はるばるこんな所まで来て、こんなのしかなくて
スミマセンって感じだ。

「はい、終点です」と言われた時は
なんとも騙されたような気分。
でも、この汽車は、
すべてボランティアの人たちで運営されているのだ。

きっと近い将来には、無くなっちゃうんだろうなー。



今回は、帰り道にあるダムに立ち寄った。
d0117077_1123082.jpg

相変わらず水不足のパース。
ダムの水位も確かに低い。
d0117077_11233750.jpg

これでこの暑い夏が越せるのか心配。

今週はずっと40度近い気温が続く・・・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2008-01-24 11:45 | パース