海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー

<   2007年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧



今年も、もうすぐで終わりです。


d0117077_21445796.jpg

パースの大晦日は
カウントダウンと花火大会

d0117077_21414716.jpg

スワン川沿いの芝生の上に座り花火見物

カウントダウンしてとっとと帰ります
d0117077_21454479.jpg


さて、クリスマスが終わり
熱い戦い
バーゲンの時期です

特に必要なものや
欲しい物も無かったのですが
一応視察のため
アウトレットのショッピングセンターへ
いざっ、出陣!

ここに最近新しく
食器のお店がオープン
もう激安!!安さ爆発!


最近集め始めたロイヤルドルトンの
ミルフルールシリーズ

すっごくカワイイ!!

使うたびに
「あー、カワイイ・・・」
を連発して頬ずりしてます

今回買ったのは
30センチほどの大型盃型多目的ボウル(定価3万円が5千円!)
d0117077_214807.jpg

22センチ平皿(定価一枚6千円が1千5百円!)を5枚
d0117077_21484352.jpg


それと
ウエッジウッド系
スチュアートクリスタルの
ワイングラス4つ(定価ひとつ7千円が2千円!)
d0117077_2152176.jpg


d0117077_2158651.jpg

このワイングラス
上から見ると、ほらっ・・・・
d0117077_21561881.jpg

お花の形・・・・
かっ、かっ、かわいいーーーっ
d0117077_21565849.jpg


まっ、まさにゲージツひん!


他に数種、違うデザインの
スチュアートのグラスも持ってるが
ここのクリスタルグラスって
そのグラスに合った飲み物を入れると
すっごーくキレイに見えます

中の飲み物も
そして外から見た感じも・・・・
キラキラですっ!
(ここのは重いのが難点ですが、でもカワイイから許すっ)


こーゆーちっちゃなもの
物欲センサーがすかさず察知
頭の中、ピーピー大音響

・・・・・・。
この欲求には抗えません

それに、嘘みたいに安い!!



はい
今年も煩悩の多い一年でした・・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-31 22:12 | お気に入り


先日、家族プラス息子友人と
何気に入ったフードコート


異臭を放つ浮浪者約一名
d0117077_12234514.jpg

それぞれのお店の前で立ち止まっては
食べ物を見つめ
諦めた気配で去ってゆくことを繰り返す


見かねた店のおばちゃん(中国人)が
お水のボトルを差し出し
外で飲むように言って追い出した
d0117077_12255449.jpg

ガラス張りの店の外で
お水を飲むおじいさん


立ち上がるダーリン
おじさんの座ってる外の席へ行き


ダーリン 「何が食べたいの?」

おじさん 「寿司・・・・・」

ダーリン 「何のお寿司?」

おじさん 「シーフード」


早速ダーリンはお寿司を買って
外にいるおじさんに手渡す
(おじさんはグルメ・・・・)


おじさん 「やっ、すまんのう・・・・」
d0117077_12284835.jpg



ダーリンはよく浮浪者に食事を提供する
だいたい1000円位


お金は渡さない

なぜなら・・・・・

お金があると、食べ物よりも
タバコやお酒や薬に消えてゆくから


今年もクリスマス恒例
救世軍による恵まれない人への食事の配給

温かいクリスマスディナーが食べられる
クリスマスケーキも付く


この救世軍のボランティア
わたしも興味があったのだが
友人に言うと


「ダメダメ、もう完全に遅すぎ!」


ボランティアスタッフは競争率が高くて
毎年クリスマスの日に翌年の希望者を募り
その日のうちにリストが埋まる

狭き門・・・・

キャンセル待ちだそうだ



オージーの友人家族も全員
ボランティア精神が強く
親族間で決めたクリスマスプレゼントの廃止制度


その代わり
ひと家族1万円を寄付にまわしている
ウガンダに、援助している子供もたくさん


キリスト教の奉仕の精神が根底にある
d0117077_12272639.jpg



仏教の教えには共感するけど
お寺にとって非課税の高い戒名料とかお経代とか

地獄の沙汰も金次第


私から見て
お金を払わない人には用は無い
排他的、内向的な印象がある

d0117077_12303993.jpg

キリスト教はその点
どんな身なりの人にでも
信者でなくても
求める者には手を差し伸べる


門戸は、いつでも開いている



わたしは無宗教者だけど
真理という点においては
キリスト教を支持する気持ちのほうに傾くなぁ・・・・。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-29 12:46 | オーストラリア


青少年2人(大男)を連れてパースの観光第3弾!

今回は

開通した路線に乗って、マンジュラへ行く!


クリスマス直前
やっとパースーマンジュラ間の電車路線が開通

さっそく運河の街マンジュラへ
Go、Go、Go!

d0117077_14403184.jpg


きたっ、きたっ!
電車が来ましたっ!


中はこんな感じです。
d0117077_14435338.jpg


案外空いてます。
他の路線の電車を使いまわしてます。

終点のマンジュラ駅。
d0117077_12461690.jpg


この駅からWaterfrontまで
無料の送迎バスがでてます(所要時間約5分、乗り込むのに10分)
d0117077_1248566.jpg


息子とその友人を伴い
早速ドルフィンクルーズに乗船

マンジュラはパースから電車で50分くらいの
インド洋沿いに沿った別荘地
d0117077_12593935.jpg

現在3つの人口運河があり
その合計60キロの両側に
それぞれの個人の船着場を持った豪邸が建ってます。
d0117077_12572529.jpg

d0117077_1371719.jpg


別荘が多く
普段はほとんど人を見かけないそうですが
夏休みの今の時期は人がたくさん。

自宅の船着場付近で
イルカと一緒に遊ぶ子供たちもいます。

この家なんて
47席もあるホームシアターがあっても
住んでるのは2人だけ・・・・・。
くーっ、お呼ばれされたいーっ!!!
d0117077_1352013.jpg

d0117077_13353888.jpg

d0117077_139461.jpg


持ってるボートも
おっしゃれぇー!!
d0117077_1312467.jpg


現在ここでは小型船舶の免許は必要ありませんが
あまりの事故の多さに
来年より免許が必要になります。

まっ、クルーザーなんて買えないから
どぉーだっていいことなんですけどねー。

d0117077_1315164.jpg


謎なんですが。。。。
こーいうところに別荘やクルーザーを持ってる人って
何してる人たちなのか???って思います。

日本も「生活レベルの格差」とか言われてるみたいだけど
外国では桁が違います。

ダーリンのクライアントのイギリス人なんて
イギリス皇室のお誕生パーティ全額援助したりしてますもん。
本人はぜんぜんお金持ちに見えない普通の感じなんですが
とてつもない大金持ちです。

上を見ればキリがないけど
下を見てもキリがない
この下っていうのもすごい下です。


これが本当の格差なんでしょうね。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-28 13:38 | パース

クリスマスシーズン


やっとクリスマスの日が終わった。。。。

この時期は、
クリスマスショッピングの人で
みんな殺気立ってるし
どこへ行っても超混雑
d0117077_2104876.jpg

クリスマスの出費は大きいし
何を買うか頭を悩ませる。

この時期は楽しみというより
逆にユーウツかも・・・・・・。

夫婦ともども
イベントは苦手です

今年のクリスマスは
いつものパーティーはやらないで
基本的には家族だけ
午後にちょっとだけ友人宅でシャンペンを飲むことで
協定を結びました。

Mr.14歳へのプレゼントは
d0117077_2025483.jpg

結局Sonyプレステ3、SonyのMP3、PS3のゲームを3つ、NintendoWiiのゲーム、PSPのゲーム、Meccanoのモデル(SLと飛行機)、キーボードなど。
全部で約20万ほど。
もうちょっとすると車とかバイクなんだろうなー。。。

わたしへのプレゼントは
自分で買った
d0117077_2093891.jpg
d0117077_2010610.jpg

それぞれ32ピースの内臓と脳のパズル。
これが難しくって、
盲腸の位置がいまいちよく分からなくて
組み立てたとたん
内臓がボロッと全部飛び出してきたりする。

シロクロにもプレゼント
d0117077_2020710.jpg

ぜんぜん興味ないようです。
フン、ってにおいかいでそれっきり。
床に転がってます。

ダーリンはもともと欲しい物がないし
ここのところ腰を痛めて
その治療費が一気に20万越したので
プレゼント無し。

オーストラリアの高額医療費、
なんとかならないかなぁ・・・・・。


さて、今日26日はボクシングデーでした。

もう暑くて暑くて!

天気予報では41度。
でも実際は温度計が
d0117077_2041211.jpg

暑くて全員で我が家の冷蔵室
ダーリンの常時16度寝室に避難。

家族3人それぞれMyPCを持ち込み
途中、息子の友人が合流。

4人でほとんど部屋から出れませんでした。

一応他の部屋全てエアコンつけてますが
ダーリン部屋はすっごく涼しい。

ほんと、今日は暑かったー!
あー、クリスマス終わってよかったー!
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-26 21:04 | 家族イベント

聖夜電飾屋敷


クリスマス・イヴ


冬のクリスマスを、最後に経験したのは
たまたまその時期日本に帰国した
15年以上も前

すっかり南半球の
クリスマスは、べラボーに暑い!
慣れてしまった
d0117077_1155633.jpg


都内のホテルは
イヴを一緒に過ごすカップルで満室
・・・なの?
今でもその恒例行事は残ってる?

昔は(と、言っても20年以上も前)
男の子たちは
イヴの日の、ホテルの予約を取るために
かなりの時間とお金と、
エネルギーを費やしていた。

まずは部屋を押さえておいて
あとでゆっくり相手を見つける奴もいた

今考えると
あの時みんな一生懸命で
それはそれで健気です


そーんな若かりし頃の
華やかな思い出を抱える男の子たちも
今ではきっと家庭人
d0117077_11514169.jpg

あの頃の派手さは、無くなってしまったけど
その代わり
自宅で家族に囲まれて
慎ましく、暖かな気持ちで
この日を過ごすのかな


さて、昨日たまたま通りかかった煌びやかな家
d0117077_11313960.jpg

すごいことになってました!

全体で見ると
ま、ま、まぶしぃーっ!!
よく分かりませんが、目を凝らすと
あちこちに仕掛けがしてあります
お人形などの飾りも、電気で動いたり喋ったり
とに角ガチャガチャ騒がしい

d0117077_1136405.jpg
d0117077_11365941.jpg


一般の人にも公開しているのですが
入り口横に立ってる、等身大のサンタ
イキナリ踊って歌い始めます
d0117077_11383563.jpg

び、びっくりしたーっ!!
動きも早くて、声も大きいので
写真にうまくおさまってくれません!

最初は
酔っ払って大暴れしてるおじさんかと思いました


夏のクリスマスは、ロマンチックとは程遠いです


Merry Christmas
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-24 12:01 | パース

また観光客してきました。
若者(大男)約2名を
自宅TVの前から無理やり引っ剥がし
d0117077_11293786.jpg

いざっ、パースミントへ!!
d0117077_1130289.jpg


どうしてでしょう。。。
以前はあまり興味が無かったのですが
ガイドの説明は、身を乗り出して一番前で聞いたり
もう、質問なんかバシバシします。
(昔は全然耳に入りませんでした)
d0117077_113281.jpg

ホント、目なんてランランに輝いてますもん。

何でも知りたくて、
興味が出てくる年頃なんでしょうかねー?
(ちょっと遅すぎないかぁ?)


さて、パースミント。

d0117077_1133435.jpg

パースでも古い建物のひとつに入ります。
中は写真撮影は禁止されてますが
コロニアルの雰囲気を醸し出す内装。
個人的には、この年代ものは好みです。
d0117077_11334224.jpg


歴史や説明はガイドブックに載っていますが、
正面玄関向かって左側のライムストーンの裏に
タイムカプセルが隠されていたそうです。
中にはその当時のものも詰まっていて
そうゆう裏話ってワクワク。
d0117077_1135741.jpg


中でアフタヌーンティーが食べられますが
静かだし、落ち着いてるし
ホテルのラウンジより居心地いいです。


ここら辺界隈は、一応街の中心ですが
結構古い建物が残っています。

たとえば、路上駐車したまん前にあった建物。
d0117077_11363562.jpg

中から賛美歌が聞こえてきます。
d0117077_1136798.jpg

建物横にプレートが・・・・・。
d0117077_1137148.jpg

「現存する教会ではパースで一番古いと」書いてあります。

ほほーっ。。。
知らなかった。


側には友人(弁護士)の通った名門女子中高校
その名も「メルセデス・カレッジ」
d0117077_11415864.jpg

アタマ良さそうな良家の子女がゾロゾロいます。


横を見るとそこには、修復中の大聖堂(カテドラル)
d0117077_11441999.jpg

ここのクリスマスのミサは感動的。(現在は修復中のためお休み)


カメラ片手に徘徊してると
普段見落としてしまいそうな素敵発見あり。

結構楽しい。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-23 11:58 | パース

自分の略歴


日本の大学を卒業後
1年間だけ丸の内でOL

1987年7月 渡英
1年間イギリス各地で遊び語学留学

1988年8月 日本帰国と同時に仕事をゲット
1988年9月 ニュージーランド駐在カウンセラーとして働く

1989年8月 NZ人と結婚

1993年4月 息子誕生
d0117077_17321537.jpg

1999年の12月から2000年新年の3週間のパース滞在のホリデーで
この街に一目惚れ。
旅行で来たのに、衝動買いで家を買いそうになる。
d0117077_1714058.jpg

2000年2月 ダーリンはNZに戻り次第、パースでの仕事が決まり単身パース入り。(ホリデーから戻って1ヶ月後)

2000年5月 わたしと息子 パース移住 パース生活の始まり

途中メルボルンに引越したが、やはりパースが恋しくて逆戻り。

パースで調理学校、大学院(会計学)卒業
フレンチレストランで働いた時期もあるが、今はたまにダーリンの共同経営する弁護士事務所でお手伝い。


趣味:買い物、インテリア、読書、料理

特技:浪費、衝動買い、接待

性格:楽天家、悩まない、即決即断、こだわらない、大雑把

現在興味のあるもの:医師不足のパースなので、メディカルスクールもいいかなぁ。。。。きっと、また学生がしたい?と、自己分析。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-20 17:09 | プロフィール

怖いハエ



オーストラリアと言えば


d0117077_20365547.jpg

            「コアラ」

d0117077_20374622.jpg

           「カンガルー」

d0117077_20582712.gif

           「クロコダイル」

それに・・・・
d0117077_20413773.jpg

            「ハエ」

オーストラリアに足を踏み入れたことがある方ならご存知だろう。
(夏だけの期間限定。。。。)



あの払っても払ってもメゲナイ
不快なハエ軍団

一度に30匹くらい
集団アターック!!


イメージ的に「でっかい」感があるのだが、
実際は「ちっちゃい」小バエ。

すばしっこい。

分身の術を使ってるみたいで
余計にたくさんに襲われている気になる。


サイズが大きめのハエは
あまり人間に興味がないらしい。
動きも心なしか
のっそり・・・・


小バエは、顔の周りをブンブンするのが大好。


特に人間の、「目」「鼻」「口」周辺



外ではみんな
片手を顔に、拝むような手つきで
その手を、左右にパラパラ

勝負デート中や
テレビに出演していようとも
エリザベス女王にお言葉を頂いている時でも
パラパラは許される


オーストラリアのハエは
Bush Flyというもので
特にメスのハエが
産卵に必要なタンパク質を摂取するために

「涙」「鼻の粘膜」「唾」に群がる


さらにオスがメスに群がるので
必然的に団体様ご一行


「小さいハエはしつこい」、とは本当で
体が小さい分、それだけタンパク質に飢えている。


子供の時に欠食児童だった為
「今に見てらっしゃい。大きな子供を生んで見返してやるわー!」

女の意地がかかってます



ハエを侮ることなかれ!
実はとても怖い存在なのだ。


以前飼っていた、今は亡きビーグル犬
d0117077_2053121.jpg

「パンダ・ホッテントッド」ちゃん。
(血統書に書かれていた名前)


パースに引っ越してきたある日
ふと見ると
ビーグル自慢の大きな垂れ耳が破れ、
が見え、が出ているではないか!?


いったいどうしたことか・・・・?
どこの誰が・・・?

それに群がる大量の黒いハエ軍団。

パンダ、ピーンチ!

大急ぎで獣医さんへ



原因は、引っかいてできた耳の傷に
大量のハエがたかり
いっせいに血を吸う

それを阻止しようとして、耳を掻く
もっと傷口が広がる悪循環

血は、たんぱく質が豊富。
ハエにとってはご馳走です。


早速傷口につける薬を頂き
外出禁止令も発布



トイレのたびに外に出すと
どこからともなく奴らは現れ
パンダの耳に群がろうとする。


「パンダの仇!」


ビシッ!!

力いっぱいハエたたきでつぶすと
血が・・・・・

つぶれたハエから血が出た!



奴らはどこかに隠れて
ずっと獲物が出てくるのを待っているのだ。



ひゃーっ!!

恐ろしやー、吸血バエ
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-19 21:13 | オーストラリア


昨日の博物館訪問

気になるモノが。。。。。


西オーストラリア州にあるBroomという町は
1860年代から真珠で栄えた

日本人、マレー人、フィリピン人が祖国を離れ
この町で出稼ぎ潜水夫として暮らしていた

こーんな宇宙服みたいの着て、潜っていたんだー
d0117077_12273812.jpg


その横に、でっかい写真でバーンと。。。。
d0117077_12302236.jpg


インパクト、強いです。
主演男優のようです。

この人は、KINOさんという人物。
d0117077_1232241.jpg

チーフダイバーだったそうです。
和歌山とか愛媛から来た人でしょうか。

昔の人っぽくない男性で
目力があり、どこか惹きつけられます。

男って感じで
見ていると、だんだん
惚れてしまいそうです。

写真には1938年とあります。

対戦中、その町に住んでいた日本人たちも
アメリカに住んでいた日本人同様
財産を没収され、強制収容所送りになりました。

脱走して亡くなった人も多く、
残りは全て日本へ強制送還されたそうだ。

Mr Kinoは
この写真を撮られた後に
どんな人生を送ったのであろうか・・・・?



もうひとつ、目に留まったものは、
博物館の中庭に入る門の横にある
d0117077_12441282.jpg


よーく見ると
d0117077_1246697.jpg

ブドウなんですが、
この説明が・・・・・・
d0117077_12471193.jpg

(1850年代後半に植えられたであろう、西オーストラリア州でもっとも古いブドウの木のひとつ)
と、書いてあった。

それを裏付けるように、
(写真入で1890年に撮られた写真のココに写ってます)
とある。

そう、説明を読んでいると
ただのブドウの木も
それなりの薀蓄を秘めた尊いものに見えるものだ。
d0117077_12521139.jpg


説明があるのと無いのでは大違い。



その中庭にあるカフェもいい感じ。
d0117077_12534459.jpg



ちなみに、博物館の入館料
基本的には無料ですが
200円くらいの目安の寄付で成り立ってます。


この物価高の世知辛い世の中
ホロリときます。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-18 13:12 | パース

Mr.14歳の学校は
12月5日から2月5日まで夏休み。

この間、お休みに日本に行って来たばかりなのに
また2ヶ月もの休暇。

お休みばっかり。。。。

d0117077_211101.jpg

(緑のTシャツが息子。息子も友達も180センチ以上ある)
暇を持て余してる息子と
彼の友達を連れて
健全な青少年の目的地

いざっ、博物館へ!!
d0117077_17505553.jpg


親が付いて行く必要性もないが
博物館好きのわたし
引率を理由に便乗。


エントランスやホールは
ガラス張りと吹き抜けでモダンだけど
実際の建物はクラッシック。

規模は小さいし
展示物も大それたシロモノもない。
d0117077_20473188.jpg

(こーゆーのも一応あるけど。。。)

こじんまりしてる
(えっ、これだけ・・・・?って、初めて来た時ビックリ)

中はちょっとレトロな空気。

d0117077_1757884.jpg

d0117077_1757583.jpg


この雰囲気は落ち着いて
居心地のよい空間。

d0117077_17594340.jpg

d0117077_181928.jpg



西オーストラリア州で採れるダイヤ
d0117077_20512815.jpg

ほ、ほ、欲しい!
キラキラは色んな種類や形、大きさの本物ダイヤたち。

ガラスを突き破りたい衝動を抑える。


博物館レポート その2に続く。。。。
[PR]
by ellie6152 | 2007-12-17 21:11 | パース