海外生活21年。国際結婚19年。母親15年。西オーストラリア州のパースに8年。リンクフリーです。


by ellie6152
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:国際結婚 ( 4 ) タグの人気記事

久しぶりの日記


随分と時間が経ってしまった。

やっとADSL2+に繋がったのが最初に申し込んでから半年後。
テルストラは本当に信用できない。
CEOの年俸、億単位のぼろ儲けだってぇ???
いったいどんな会社!?

テルストラにはさんざん我が家のADSL接続をグチャグチャにされて、
結局他者で繋げました。
それまでの間、ヒューヒョロヒョロダイヤルアップ接続。

ダウンロードしてる間に洗濯物を干し、戻ってもまだダメだったり。
一気に弥生時代へトランス。
本当に大変だった。

d0117077_13373488.jpg


ダーリンの事務所のお手伝いも後任者がやって来て
わたしもやっと勤め人生活から足を洗った。

夫婦で同じ職場で働いてみて、得たものは大きい。

「話題に出ていた人」を実際に自分の目で判断できる。
「あー、この人ね・・・・」って先入観テンコ盛り
家での仕事がらみの夫婦の会話も盛り上がる。

ダーリンの印象と私のでは異なることも多々あり。

「あの人は案外仕事ができないよ」とか、「一生懸命頑張ってる」とか
「一見仕事してるように見せかけて、いっつもインターネットしてる」とか、
「他の部署に移りたいみたい」とか、「転職サイト見てた」とか・・・・・・・。

ダーリンの前では気を付けてても、私には油断してるからよーく見える。

スパイ?

まっ、人聞きの悪い。
アドバイザーと呼んでっ。
またの名を、
「影の人事部長」

上から見たのと同列から見たのでは、違った面が見えるからいいと思うけどー。
冷静に人を見る目は持っていると思うので
案外的を得ている気もする。


それに普段家にいてだらーってしてるダーリンが、
仕事中はビシっとしてると見直すし。

直接一緒に仕事をするわけではなかったけど、
ダーリンのオフィスへ小切手のサインをもらいに行った時に二言三言。
コピー室で密会して晩御飯の打ち合わせしたり。
結構スリリングでよかったわー。

マンネリになった夫婦が同じ職場で働くってのも、なかなか刺激があっていいのかもしれない。


これっ、お勧めです。
[PR]
by ellie6152 | 2007-11-30 13:43 | 思ったこと・感じたこと

恐れ入りました


またしても・・・・・。

今朝起きると、案の定ダーリンが居ない。
車もトレーラーも無い。

「やーっぱりトレーラー牽引ドライブに行ったなぁー」
ふと家の前を見ると、見覚えのあるトレーラーに荷物満載、
テンコ盛り!

d0117077_18212972.jpg

甘かった(滝涙)。

「買っちゃったぁ、朝一番でっ+(ニッコリ笑顔)」。歯並びキレイだ。
「・・・・・・+(ぐうの音も出ない)」
何が積まれているか、怖くて見れない。

2週間前に2台目芝刈り機2台目草刈り機購入に加え、今日買ったローラー付きプロ仕様芝刈り機と2台目庭用掃除機、縁刈り機がトレーラーの上に・・・・。
d0117077_18224818.jpg

d0117077_182404.jpg

こーんなモノまでご丁寧にあるし。
d0117077_18255947.jpg

なぜにぃーー??? (血管浮き上がり)

我が家には芝刈り機だけで3台。
どんなもんだいっ! (威張ってどーする?)


実はダーリンの趣味は、「芝刈り」だったということが発覚。
仕事でストレスが溜まると、芝を刈りたくなる「芝刈り魔」だった。

ストレスレベルがアップすると、うちの芝は可哀想に血が出そうなほど短く刈られ、それで気が晴れないと友人知人の芝にまで手を出す始末。

夫「あー、スッキリした」

!!!どんだけーーーーっ???


妻の次の予想:「ベンツ下取りトラック購入」この人ならやります。はらさんに全部。

教訓: 結婚=障害物競走
(障害の数と難易度は確実にUP傾向)
[PR]
by ellie6152 | 2007-07-14 18:46 | Darling

気温の差

最近パースでは、夏のような天気が続いている。
d0117077_1949759.jpg


今日なんて冬なのに最高気温が29度もあって、クーラーをつけた。
それでもちゃんと朝晩は10度くらいまで下がっているので、ヒーターのお世話になってます。
朝晩はヒーター昼間はクーラーで、一日の天気が冬―夏―冬という順番でやって来る。

パースの冬はとても過ごしやすい。
寒いのが嫌いなわたしが、パースに来て初めて夏よりも冬のほうが好きになった。
冬の日中の日向ぼっこなど、本当に気持ちがよく、空気も透明で美味しい。

なにせパースの夏が殺人的に暑いので、空気自体が重苦しくて澱んでいる気がして、危険なのであまり日中は外に出ないようにしている。
冷暖房完備のショッピングセンターは大盛況。
エアコンがガンガンに効いてる室内で買い物ができるって本当に有り難い。
その代わり、屋根付きの駐車場を確保するのが大変。
万が一屋根無しに停めると、握ったハンドルで手を火傷します。

d0117077_1950033.jpg気温が40度とか45度とかでも、太陽光線が極端に強いし、真夏は真上から太陽が照るのでなかなか日陰すら見当たらない。
みんな日中はじっとしていて、夕方涼しくなってから活動したりします。
実際に星の数ほどある子供の遊び場の公園は、夏の日中は人っ子ひとりいない。
炎天下の日中を歩いているのは、イギリス人と犬だけなんだってさ。

メルボルンの夏は短かったー。
パースでは必需品であるクーラーの付いている家自体が、そんなにたくさんなかった気がする。
本当に暑い日が4-5日続いて、その日のためだけにクーラーを買う気になるほど暑い。
その代わり、メルボルンの冬はとても寒い。
雪は降らないが、街から車で3時間ほど行くとスキーができるのだ。
家ではセントラルヒーティングを最強にしていたが、その上にさらにヒーターを付けてその側にピッタリはり付いて過ごした。

寒がりのわたしと違って、白人のダーリンはものすごい暑がり。
一年中どんなに寒い日でも半袖でOK。
家全体の空調最低温度では物足りないので、特別にひとつのベッドルームにもうひとつクーラーを取り付けそこで寝起きしている。
家の空調だけでも寒いので、わたしは冬のように着込んで鼻水垂らしながら生活している。

ダーリンのオフィス(個室)は北極のように寒く、用事のあるセクレタリー達はオフィスのドアをチョットだけ開けて、書類をその隙間から投げ込むのだ。
誰も寒くて彼のオフィスには入れない・・。

人によって体感温度が違うのは分かるが、極端な暑がりと寒がりの夫婦は結婚して18年経っても、お互いの快適温度の違いを理解できずにいるのである
[PR]
by ellie6152 | 2007-05-10 18:43 | パース

国際結婚18年目

NZ人のダーリンと結婚してもうすぐ丸18年。

喧嘩もほとんどしないし、釣った魚にエサあげすぎー(笑)。
ずっと仲良しで、年月を重ねるにつれてどんどんとシックリ馴染んできてます。

わたしが彼を呼ぶ時は、Darlingの略の「ダル」。
彼がわたしを呼ぶ時はマイブームがあるようで、最近は「JJ」(発音はジェイジェイ)。
ジャパニーズの頭文字の「J」を二つ重ねた(韻をふんでるよー)意味不明の呼び名ー。
自分で呼びながら「なんかチャイニーズパンダみたいで可愛いなー」って、これも意味不明。
JJの半年くらい前はわたしは「ソックス・オン」でした・・・・・。
その前は「フロプシー」。
ピーターラビットの3人姉妹の中の一人の名前です。
通常新しく命名された時にオリジナルの歌を作り、たまに歌付きで呼ばれます・・・・。

d0117077_19143311.jpg
我が家のボーダーコリーLを呼ぶ時は、「カモン、シロとクロ」。
白黒コリーのLも、ちゃんと尻尾を振って大急ぎでかけてくるから何でもいいんだろう、きっと。
たまに「茶色の目さん」と呼ばれることもある。


大学で日本語を選択したことがあるので、平仮名とカタカナと簡単な漢字はわかる。
わたしの日本語を真似しているので女言葉で、たまに日本の時代劇の口調をまねた外様大名バージョンもあります。
会話のメインは英語ですが、日本語の単語がチラホラ混ざっているので、本人も無意識のうちにチャンポン語を外で使い、相手の目が点になることも。
わたしが同席してる時は、相手に英語で通訳します(笑)

わたしたち夫婦にしか通用しない共通語ってわけだ。
だから我が英語力もずっと「けったいな英語」のまま、ちっとも上達しないのである。
ダーリンも「結婚してからボクは英語が下手になった」って言ってるし。


国際結婚ってほとんど意識したこと無いなぁー。
感じるとしたら、子供時代に見ていたテレビ番組とか、昔の歌手の話題が噛み合わない時くらいかな・・・・。
「ひょっこりひょうたん島」とか「ど根性がえる」とか、「仮面ライダー」を知らないからねー。
まぁそんなに重要なことではないか。


周りが思うほど、国際結婚は特別でも大変でもないと思うけどなー。
言葉よりも気持ちが通じてるほうが大切なんだよね、きっと。
[PR]
by ellie6152 | 2007-04-19 22:56 | Darling